« 江上剛氏、日本振興銀行 新社長に | トップページ | 金妍児/キム・ヨナ、ユニセフ親善大使に 経験生かしたい »

小沢一郎氏、不起訴不当 07年報告虚偽記載 検察審査会

小沢一郎民主党前幹事長の資金管理団体陸山会の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件のうち、07年報告書分を審査していた東京第1検察審査会は15日までに、政治資金規正法違反の疑いで告発され、2月に不起訴となった小沢氏について不起訴不当と議決した。

Photo_204、05年分収支報告書を審査した東京第5検察審査会は4月、小沢氏を起訴相当と議決。同じ流れの事件で、異なる判断が出たことで審査会制度の在り方が問われそうだ。

東京地検特捜部は第5検察審査会の起訴相当議決を受けて小沢氏を再聴取し、5月に再び不起訴とした。検察側は「必要な捜査は終わった」としており、07年分でも近く不起訴とする見通し。

不起訴不当起訴相当と異なり、検察が不起訴にした時点で事件は終結。小沢氏起訴の可能性があるのは、2回目の議決を控える04~05年分に絞られた。

    外出先からネットで確認出来る「050グリーンFAX」

|

« 江上剛氏、日本振興銀行 新社長に | トップページ | 金妍児/キム・ヨナ、ユニセフ親善大使に 経験生かしたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48883252

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎氏、不起訴不当 07年報告虚偽記載 検察審査会:

» 小沢復権なるか、渡辺喜美の詐術が勝つか、「さきがけ戦略」が破綻したアト菅は? [岩下俊三のブログ]
一旦は「静かにしろ」と粛清しておいて「さきがけ」戦略が座礁に乗り上げると、詫びを入れるという。かって小沢を裏切って自社さ政権をつくったからといって二匹目の泥鰌はいなかったようだ。権力に恋々としてとち狂ったか、菅の発言は右往左往しもはや一国の総理とはおもえ....... [続きを読む]

受信: 2010/07/15 23:47

« 江上剛氏、日本振興銀行 新社長に | トップページ | 金妍児/キム・ヨナ、ユニセフ親善大使に 経験生かしたい »