« 菅直人新首相、官房長官に仙谷由人 幹事長に枝野幸男 | トップページ | サッカー日本、0-2で敗れる コートジボワール戦 »

奈良・脇本遺跡に大型建物跡 6世紀後半~7世紀初

5世紀に雄略天皇泊瀬朝倉宮があったとの説がある奈良県桜井市の脇本遺跡で、6世紀末~7世紀初めとみられる大型掘っ立て柱建物跡の一部が見つかり、県立橿原考古学研究所が3日、発表した。

Photo_4推古天皇によって宮が飛鳥京(明日香村)の周辺に移された時期の遺構だが、橿原考古学研究所は、
「規模からみて天皇家にとって重要な建物だったはず。東国などへ抜ける交通の要衝でもあり、雄略天皇以来、代々重要な地であり続けたのだろう」としている。

見つかった柱穴と重なり合うように、欽明朝に当たる6世紀後半の柱穴の一部も確認された。同じ場所で建物が建て替えられたとみられ、同研究所は、「欽明天皇に関連する遺構と考えられる」とした。

1日本書紀は、この地区に欽明天皇の行宮があったと記している。
大型建物跡で見つかったのは柱穴6個で、深さ0.5~1㍍。柱は直径48~58cmと推定される。

飛鳥京跡で見つかった天武天皇正殿とされる大型建物跡の柱は直径約60cmで、匹敵する大きさ。年代は穴から出土した須恵器で特定した

|

« 菅直人新首相、官房長官に仙谷由人 幹事長に枝野幸男 | トップページ | サッカー日本、0-2で敗れる コートジボワール戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48541971

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・脇本遺跡に大型建物跡 6世紀後半~7世紀初 :

« 菅直人新首相、官房長官に仙谷由人 幹事長に枝野幸男 | トップページ | サッカー日本、0-2で敗れる コートジボワール戦 »