« 日本、白星発進 カメルーンに1-0 W杯国外初勝利 | トップページ | 酒井法子さんに賠償請求、アニメ「大ちゃん」上映中止 »

東林院、沙羅双樹を愛でる会  盛者必衰の白い花

平家物語の冒頭で、「沙羅双樹さらそうじゅの花の色 盛者必衰の理ことわりをあらはす」とうたわれた沙羅双樹/ナツツバキの花が京都市右京区の妙心寺の塔頭たっちゅう東林院で見ごろを迎え、愛でる会が15日始まった。30日まで。

Photo_3ツバキのような花を咲かせ、梅雨に打たれてすぐに丸ごと落ちることから、無常の象徴とされる。

スギゴケに覆われた本堂の前庭に十数本の若木が植わる。花は朝開き、夕方になるとはかなく散るという。この日は朝から花供養があり、約70人が訪れた。

午前9時半~午後4時。拝観料は1580円(抹茶付き)など。

      問い合わせは東林院(075・463・1334)へ。

|

« 日本、白星発進 カメルーンに1-0 W杯国外初勝利 | トップページ | 酒井法子さんに賠償請求、アニメ「大ちゃん」上映中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48638778

この記事へのトラックバック一覧です: 東林院、沙羅双樹を愛でる会  盛者必衰の白い花 :

« 日本、白星発進 カメルーンに1-0 W杯国外初勝利 | トップページ | 酒井法子さんに賠償請求、アニメ「大ちゃん」上映中止 »