« 空から大型古墳を3D測量 橿原考古学研が初成功 | トップページ | 皆藤愛子、闘莉王先輩を応援してます 渋谷幕張高 »

樹上生活のコロワイ民族を発見、インドネシア国勢調査

インドネシアで行われた10年の国勢調査で、パプア州の熱帯雨林で生活する樹上生活民族が初めて公式に発見された。インドネシア政府による国勢調査を今回初めて受けたのは、独自の言葉を話し、主に樹上で生活するコロワイ民族

Photo_3推定人口は約3000人で、熱帯雨林で狩猟採集生活をしている。国勢調査員らは最寄りの村からボートで出発した後、山中を最長2週間かけて歩き、コロワイ民族の生活圏にたどり着いたという。

Photo_4パプア州の統計局責任者によると、コロワイ民族は人里離れた場所でバナナの葉だけを身にまとった格好で暮らしており、鹿やイノシシのほか、サゴヤシやバナナなどを食べている。

パプア州ではコロワイ民族のほか、独自の言語を使う民族が2500以上存在するという。[ジャカルタ ロイター]


|

« 空から大型古墳を3D測量 橿原考古学研が初成功 | トップページ | 皆藤愛子、闘莉王先輩を応援してます 渋谷幕張高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48737735

この記事へのトラックバック一覧です: 樹上生活のコロワイ民族を発見、インドネシア国勢調査:

« 空から大型古墳を3D測量 橿原考古学研が初成功 | トップページ | 皆藤愛子、闘莉王先輩を応援してます 渋谷幕張高 »