« キトラ古墳、朱雀を初公開 青竜・白虎・玄武と揃い踏み | トップページ | 始祖鳥、滑空すれど羽ばたけず?羽根が強度不足 »

野良猫訴訟、加藤一二三九段が控訴意向 給餌続けたい

将棋の元名人の加藤一二三九段70が三鷹市内の自宅周辺で野良猫に餌やりを続けたことに対し、近隣住民などが餌やりの中止と慰謝料など645万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁立川支部は13日、加藤九段に餌やりの中止と慰謝料など204円の支払いを命じた。

Photo_2加藤九段は控訴する方針。訴えたのは、加藤九段が住む2階建てテラスハウスの住民ら17人と管理組合。

判決で、市川正巳裁判長は今回のトラブルについて、「区分所有法の適用があり、猫を含む動物の飼育を禁じる規約のある集合住宅での猫の飼育・餌やりの問題」と指摘。

飼育ではないとする加藤九段側の主張を退け、テラスハウスの管理規約に違反すると認定。
その上で、「通路や専用庭に、被告が餌やりをしている猫が数多くの糞をし、住民らは洗濯物に異臭が付くなどの被害を受け、糞の始末を余儀なくされている」と判断。「原告らの被害は続いており、受忍限度を超えている」とした。

判決によると、加藤九段は1993年頃から、自宅玄関付近で猫に餌をやり続けた。住民らは糞尿や鳴き声で悩まされ、02年頃から、「餌やりをやめてほしい」と抗議してきたが、加藤九段は拒否してきた。(中日新聞・他)参照


|

« キトラ古墳、朱雀を初公開 青竜・白虎・玄武と揃い踏み | トップページ | 始祖鳥、滑空すれど羽ばたけず?羽根が強度不足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48356286

この記事へのトラックバック一覧です: 野良猫訴訟、加藤一二三九段が控訴意向 給餌続けたい:

« キトラ古墳、朱雀を初公開 青竜・白虎・玄武と揃い踏み | トップページ | 始祖鳥、滑空すれど羽ばたけず?羽根が強度不足 »