« 日本代表、0―2で韓国に敗れる W杯壮行試合 | トップページ | テレ朝・武内絵美アナが結婚へ スポーツが取り持つ縁 »

鹿児島種牛6頭、喜界島へ疎開 口蹄疫リスクを回避

宮崎県で口蹄疫の被害が拡大していることを受け、鹿児島県は24日、宮崎県に隣接する曽於市にある県肉用牛改良研究所の種牛などを離島に疎開させる作業を開始した。感染リスクを回避するのが狙い。

Photo24日午後には、スーパー種牛と呼ばれる金幸の子を含む種牛3頭と、種牛候補として育てられている待機牛3頭が研究所から運び出された。

6頭は、同日夕のフェリーで鹿児島港を出発。

25日早朝には南に400㌔近く離れた喜界島に到着し、喜界町の民間施設に入る。鹿児島県は既に、研究所で保管していた冷凍精液の一部も移動させた。(時事・他)参照

|

« 日本代表、0―2で韓国に敗れる W杯壮行試合 | トップページ | テレ朝・武内絵美アナが結婚へ スポーツが取り持つ縁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48454109

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島種牛6頭、喜界島へ疎開 口蹄疫リスクを回避:

« 日本代表、0―2で韓国に敗れる W杯壮行試合 | トップページ | テレ朝・武内絵美アナが結婚へ スポーツが取り持つ縁 »