« ヤクルトの高田繁監督、休養発表、事実上辞任へ | トップページ | 由美かおるから雛形あきこへ お色気担当 水戸黄門 »

金閣寺客殿に63面の障壁画 故岩沢重夫氏が制作

昨年11月に81歳で死去した文化功労者で日本画家の岩沢重夫氏が、京都市の金閣寺客殿に描いた襖絵などの障壁画計63面が26日、報道陣に披露された。

Photo03年に敷地内に完成した客殿の3部屋に描かれ、波立つ海から昇る朝日や、銀箔を混ぜたプラチナ箔で描いたサクラが表現されている。

岩沢氏は大分県日田市出身。金閣寺の有馬頼底らいてい住職77が少年時代に日田市の寺で過ごし、京都で親交を持ったのが縁で制作を依頼。04年から作業を始め、亡くなる約2カ月前に完成、遺作となった。

岩沢氏の長男で現代美術家の有径ありみちさん52は、「父は(お披露目を)見たかっただろうが、絵は皆さまの目にずっと残る」と話した。

9月から京都、大分、東京の百貨店で一般公開される。(共同・他)参照

|

« ヤクルトの高田繁監督、休養発表、事実上辞任へ | トップページ | 由美かおるから雛形あきこへ お色気担当 水戸黄門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48469721

この記事へのトラックバック一覧です: 金閣寺客殿に63面の障壁画 故岩沢重夫氏が制作:

« ヤクルトの高田繁監督、休養発表、事実上辞任へ | トップページ | 由美かおるから雛形あきこへ お色気担当 水戸黄門 »