« ローソン店頭で新メディア・東京メディアのサービス開始 | トップページ | 高橋大輔はビール党、シーズンオフは毎晩飲んでます »

事業仕分け第2弾後半、開始 5/20~25 ネット中継

政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は20日午前、都内で公益法人などを対象にした事業仕分け第2弾後半を始め、塩事業センター(財務省所管)の生活用塩供給業務について見直しを求めた。

後半戦は無駄削減計70法人の82事業を対象に25日までの4日間行われる。

Photo仕分け人らは、塩事業センターが業務遂行のために所有する約600億円の正味財産について、「過大だ」と問題視。

「自由化すれば(塩の)価格は下がるはずなのに下がっていない。競争原理が働いていないのではないか」(津川祥吾衆院議員)などと追及し、一部を国庫に返納するよう求めた。

また、省エネルギーセンター(経産省)など2法人が行っている表彰事業については、「国費を投じる必要がない」として、「廃止」の判定を下した。

Photo_2同日は全日本交通安全協会(警察庁)の運転免許の更新時講習や民間放送教育協会(文科省)の生涯コンテンツ普及事業、空港環境整備協会(国交省)の駐車場による空港周辺環境対策など15法人の16事業を取り上げる。

公益法人は営利を目的とせずに公益事業を行う法人で、計2万5000の法人のうち約6600が国の所管。税制優遇などのメリットがあるが、一部は天下りの温床となっているとの指摘もある。

刷新会議では、国が事業を委託したり権限を付与し、政府の関与が強い公益法人のうち、無駄や天下りなど問題が多い法人を対象に選んだ。

|

« ローソン店頭で新メディア・東京メディアのサービス開始 | トップページ | 高橋大輔はビール党、シーズンオフは毎晩飲んでます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48407484

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け第2弾後半、開始 5/20~25 ネット中継:

» 事業仕分け 更新時の教本はいらない? [BORDERLINE]
事業仕分け 教本32億円…運転免許利権にメス :産経新聞 公益法人などを対象にした政府の「事業仕分け第2弾」後半戦が始まった20日、財団法人「全日本交通安全協会」が実施している運転免許更新時講習の“利権”が取り上げられた。講習の資料は毎年約1500万人のド... [続きを読む]

受信: 2010/05/20 23:40

» 事業仕分けをめぐる素朴な疑問 [ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道]
現在行われている「事業仕分け」について、各メディアでも頻繁に報道されたり記事になったりしています。見ていると確かに、実情にそぐわないハッキリ言って「必要なのか疑問」な事業をしている公益法人が多く存在しますね。しかし、政府がいくら「事業仕分けをして税金の無駄遣いを減らそう」と叫んだところで、ごまかしきれないトリックが存在します。それは、「なぜ国会議員の給料を減らさないのか」です。国会議員の給料(歳�... [続きを読む]

受信: 2010/05/25 21:42

« ローソン店頭で新メディア・東京メディアのサービス開始 | トップページ | 高橋大輔はビール党、シーズンオフは毎晩飲んでます »