« 米ワシントン・ポスト、ニューズウィークの売却を検討 | トップページ | 北林谷栄さん、死去 劇団民芸の創立メンバー »

高速増殖炉もんじゅ、運転再開 事故から14年ぶり

1995年末のナトリウム漏れ事故で停止していた高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)が6日午前10時36分、運転を再開した。

Photo_4燃料のプルトニウムを燃やした以上に生み出す夢の原子炉とされ、国が核エネルギー政策の中核に位置づける巨大事業が14年5カ月ぶりに動き出した。

順調にいけば、8日には核分裂反応が連続して起きる臨界に達する見通しだ。事業主体の日本原子力研究開発機構は午前10時半すぎ、もんじゅの原子炉の制御棒を炉心から引き抜くボタンを押した。

1中央制御室に詰めた運転員らは、炉心の核反応を確認しながら、計19本の制御棒を順次動かす作業に取りかかった。各段階の試験が順調なら、13年春に本格的な運転に入る予定。

もんじゅは91年に試験運転を開始したが、95年末にナトリウムが漏れる火災事故が発生。現場ビデオの改竄などが発覚し、安全性への不信を高めた。

2その後もナトリウム漏れ検出器などでトラブルが相次いだ。

運転再開を目指す国は今年4月、地元・福井県から北陸新幹線の延伸などの地域振興策を条件に再起動の了承を得た。(asahi.com)から

|

« 米ワシントン・ポスト、ニューズウィークの売却を検討 | トップページ | 北林谷栄さん、死去 劇団民芸の創立メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48284698

この記事へのトラックバック一覧です: 高速増殖炉もんじゅ、運転再開 事故から14年ぶり:

« 米ワシントン・ポスト、ニューズウィークの売却を検討 | トップページ | 北林谷栄さん、死去 劇団民芸の創立メンバー »