« 高橋大輔&織田信成がスケート教室 関大アイスアリーナ | トップページ | 仲井真弘多沖縄県知事、県外移設はなかなか難しい »

海援隊のいろは丸、オランダではなくポルトガルから購入

坂本龍馬の海援隊が使った蒸気船いろは丸は、海援隊に貸し出した大洲藩がポルトガルから購入していたことが分ったと、愛媛県大洲市が23日発表。大洲藩がオランダから購入したというのが通説だったが、1866(慶応2)年9月の購入時にポルトガル語で書かれた売買契約書を東京の個人が所有していたという。

Photo_2契約書は二つ折りで縦32.5cm、横20.5cm。

翻訳した東京大学史料編纂所の岡美穂子助教によると、長崎にいたポルトガル領事ジョゼ・ダ・シルバ・ロウレイロと大洲藩の郡奉行国島六左衛門の間で交わされ、代金の4万メキシコ・パタカは支払い済みであることなどが記されている。

いろは丸は翌年4月23日に瀬戸内海で紀州藩船と衝突して沈没、龍馬が紀州藩と交渉し、賠償金を得たとされる。その際、大洲藩がオランダに購入代金を完済しておらず、紀州藩との交渉で問題になったという話も伝わっているが、今回の発見でこれも覆されることになるという。

「(幕末期の)外国との売買契約書で残っているのは日本語のものが多いが、ポルトガル語の契約書があったこと自体、非常に興味深い」岡助教。(asahi.com)参照

|

« 高橋大輔&織田信成がスケート教室 関大アイスアリーナ | トップページ | 仲井真弘多沖縄県知事、県外移設はなかなか難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48178619

この記事へのトラックバック一覧です: 海援隊のいろは丸、オランダではなくポルトガルから購入:

« 高橋大輔&織田信成がスケート教室 関大アイスアリーナ | トップページ | 仲井真弘多沖縄県知事、県外移設はなかなか難しい »