« 海援隊のいろは丸、オランダではなくポルトガルから購入 | トップページ | 織田信成、リー・バーケル氏との師弟関係が復活 »

仲井真弘多沖縄県知事、県外移設はなかなか難しい

沖縄県の仲井真弘多なかいま ひろかず知事は25日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に反対する県民大会に出席した後、記者団の取材に応じ、
「大会への参加で県外移設を表明したということか」との問いに、「これはなかなか難しい」と述べ、態度を留保した。

Photo_3仲井真知事は、1月の名護市長選挙で県内移設容認の島袋吉和前名護市長が敗れるまで、県や同市が苦渋の決断で県内移設を容認してきた経緯を説明。
現行案について、「それ自身についてはまだ完全否定はしていない」と述べた。

その一方で、「極めて難しいということは、当時から申し上げてきた」と、現行案の実現は難しいとの見方も示した。(時事・他)参照

|

« 海援隊のいろは丸、オランダではなくポルトガルから購入 | トップページ | 織田信成、リー・バーケル氏との師弟関係が復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48182140

この記事へのトラックバック一覧です: 仲井真弘多沖縄県知事、県外移設はなかなか難しい:

« 海援隊のいろは丸、オランダではなくポルトガルから購入 | トップページ | 織田信成、リー・バーケル氏との師弟関係が復活 »