« キム・ヨナ、バンクーバー五輪で二度泣いた理由 | トップページ | 織田信成が婚姻届、新しい命も授かりました »

勝場啓二に有罪判決 偽装献金事件 鳩山公設第1秘書

鳩山由紀夫首相の資金管理団体などの収支報告書虚偽記入事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入、不記載)罪に問われた元公設第1秘書勝場啓二被告59に対し、東京地裁(平木正洋裁判長)は22日、禁固2年、執行猶予3年(求刑禁固2年)の判決を言い渡した。

被告側は控訴しない意向。

Photo事件では昨年12月、勝場被告が虚偽記入を認め在宅起訴されたほか、元政策秘書55も規正法違反(重大な過失)の罪で略式起訴され、罰金30万円を納付した。

規正法違反容疑で告発された首相は嫌疑不十分で不起訴となったが、処分の当否を審査している検察審査会の議決が迫っており、首相の説明責任があらためて問われそうだ。

判決によると、勝場は資金管理団体友愛政経懇話会の04~08年分の収支報告書に、個人寄付やパーティー収入を計3億6千万円分水増しして記入。

さらに、政治団体北海道友愛政経懇話会の05~08年分の収支報告書に、首相の実母(和子さん)と姉からの寄付計1200万円を記入せず、06~08年分のパーティー収入を約3千万円分水増しして記入した。

「(今回の事件で)政治資金の公開制度や、政治活動に対する国民の信頼は著しく損ねられた。国民の間に政治に対する不信感が醸成されかねない」平木正洋裁判長。

|

« キム・ヨナ、バンクーバー五輪で二度泣いた理由 | トップページ | 織田信成が婚姻届、新しい命も授かりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48152962

この記事へのトラックバック一覧です: 勝場啓二に有罪判決 偽装献金事件 鳩山公設第1秘書:

» 「偽装献金事件」鳩山首相元秘書、有罪判決 [SCRAMBLE-8]
首相元秘書に禁固2年、執行猶予3年の判決 勝場啓二被告 東京地裁鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた同会の元事務担当者で、鳩山首相の元公設第1秘書・勝場啓二被告(59)の判決が22日、東京地裁で..... [続きを読む]

受信: 2010/04/23 01:08

« キム・ヨナ、バンクーバー五輪で二度泣いた理由 | トップページ | 織田信成が婚姻届、新しい命も授かりました »