« 成沢広修文京区長、首長初の育児休暇 男性取得を後押し | トップページ | 北陸&能登がラストラン、半世紀の歴史に幕 撮り鉄厳戒 »

日弁連次期会長に宇都宮健児氏 弁護士増員に反対

日本弁護士連合会の次期会長選挙の再投票が10日に実施され、東京弁護士会の宇都宮健児氏63が、同会の山本剛嗣氏66を破り、今年4月から新会長に就任することが決まった。任期は2年間。

Photo_10宇都宮氏は司法試験合格者数の大幅削減などを訴え、支持を集めた。
当選には①総得票数が多い②全国52弁護士会の3分の1以上(18会)で最多票を獲得――の両条件が必要。

再投票の仮集計で、宇都宮氏は総得票9720票で、山本氏の8284票を上回ったうえ、大阪や横浜を含む46会で最多票を得た。投票率は63.19%。

2月の投票では山本氏が総得票で上回ったが、9会を制するにとどまったため決着が付かず、初の再投票となる異例の経緯をたどっていた。

|

« 成沢広修文京区長、首長初の育児休暇 男性取得を後押し | トップページ | 北陸&能登がラストラン、半世紀の歴史に幕 撮り鉄厳戒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47785988

この記事へのトラックバック一覧です: 日弁連次期会長に宇都宮健児氏 弁護士増員に反対:

« 成沢広修文京区長、首長初の育児休暇 男性取得を後押し | トップページ | 北陸&能登がラストラン、半世紀の歴史に幕 撮り鉄厳戒 »