« 文楽列車、奈良へ 平城京遷都1300年記念 | トップページ | 亀田興毅、ポンサクレックに判定負け フライ級王座統一戦 »

アース・アワー2010、一斉消灯で温暖化問題アピールへ

電灯を一斉に消して地球温暖化の防止を訴えよう-。

世界自然保護基金/WWFの呼び掛けによる消灯イベントEarth Hour/アース・アワー2010が27日行われ、イベント発祥の地オーストラリア・シドニーでは、街のシンボルであるオペラハウスとハーバーブリッジの照明が落とされた。

Earth_hour今年で4回目となるイベントは、趣旨に賛同する世界の参加者が、それぞれの現地時間午後8時半から1時間、明かりを消して意思表示する。WWFのまとめによると、参加国は昨年の88カ国から今年は120カ国以上に増えた。

WWFの関係者は、コペンハーゲンで昨年開かれた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議/COP15が事実上の失敗に終わり、イベントに悪影響を与える懸念があったが、参加国などは逆に増加したと歓迎している。

運動はインターネットの交流サイトを介して、草の根的に広がっているという。【シドニー時事・他】参照

|

« 文楽列車、奈良へ 平城京遷都1300年記念 | トップページ | 亀田興毅、ポンサクレックに判定負け フライ級王座統一戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47923916

この記事へのトラックバック一覧です: アース・アワー2010、一斉消灯で温暖化問題アピールへ:

« 文楽列車、奈良へ 平城京遷都1300年記念 | トップページ | 亀田興毅、ポンサクレックに判定負け フライ級王座統一戦 »