« 政治主導法案を閣議決定 国家戦略室を局に格上げ | トップページ | 堀北真希 応援ドコモダケフラッグ、真央に思い届け! »

パレスチナ自治政府のアッバス議長、広島を初訪問

外務省の招きで来日したパレスチナ自治政府のアッバス議長が7日、広島市中区にある平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花し、広島平和記念資料館(原爆資料館)を視察した。本人の希望で実現したもので、広島市によると、同自治政府議長の広島訪問は初めて。

Photo_4

アッバス議長はこの日正午前、政府専用機で広島空港(三原市)に到着。
近くのホテルで湯崎英彦広島県知事との会談に臨み、「世界のリーダーたちは広島を訪れ、核兵器の惨禍を学ぶべきだ。核兵器を手に入れようとする者、戦争を仕掛ける者は、広島の経験から学び、反省するべきだ」と語った。

その後広島市に移動し、原爆死没者慰霊碑に献花。原爆資料館を35分間視察した。案内をした国重俊彦副館長によると、放射線の影響で毛髪が抜けた姉弟の写真を食い入るように見ていたという。

議長は視察後、「核兵器、大量破壊兵器のない世界の実現が重要」などと記帳。報道陣に対し、「我々パレスチナ国民は戦争に苦しんでいる。平和を実現するためには世界の支援が欠かせない」と訴えた。(asahi.com他)参照


|

« 政治主導法案を閣議決定 国家戦略室を局に格上げ | トップページ | 堀北真希 応援ドコモダケフラッグ、真央に思い届け! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47503827

この記事へのトラックバック一覧です: パレスチナ自治政府のアッバス議長、広島を初訪問:

« 政治主導法案を閣議決定 国家戦略室を局に格上げ | トップページ | 堀北真希 応援ドコモダケフラッグ、真央に思い届け! »