« 日本は銀3個 浅田・長島・吉井が候補 米SI誌予想 | トップページ | パレスチナ自治政府のアッバス議長、広島を初訪問 »

政治主導法案を閣議決定 国家戦略室を局に格上げ

政府は5日の閣議で、内閣官房の国家戦略室をに格上げし、行政刷新会議を内閣府に法的に位置付ける政治主導確立法案を決定した。いずれも権限を明記し、他府省との調整を強力に進められるようにする。

Photo_3官房副長官を3人から4人に増員するほか、首相補佐官の枠を10人に倍増させることも盛り込んだ。年度内の成立と4月からの施行を目指す。

平野博文官房長官は閣議後の記者会見で、「首相のリーダーシップで縦割り行政を排除する。(国家戦略局などが)強い権限を持つことになる」と強調した。

法案では国家戦略局の所掌事務として、予算編成の基本方針などの企画と立案、調整を明記。国家戦略局長に官房副長官のうち1人を充て、政務官級の国家戦略官1人を新設するとした。(NIKKEI・他)参照

|

« 日本は銀3個 浅田・長島・吉井が候補 米SI誌予想 | トップページ | パレスチナ自治政府のアッバス議長、広島を初訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47503121

この記事へのトラックバック一覧です: 政治主導法案を閣議決定 国家戦略室を局に格上げ:

« 日本は銀3個 浅田・長島・吉井が候補 米SI誌予想 | トップページ | パレスチナ自治政府のアッバス議長、広島を初訪問 »