« 死刑容認:過去最高の85.6% 殺人時効:54.9%が短い | トップページ | 第4回核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ、開幕 2/6 »

2010/02/06

藤沢秀行名誉棋聖の孫、里菜さんが最年少プロ棋士に

日本棋院は6日に終了した囲碁の棋士採用試験女流本選で、藤沢里菜さんが1位となって4月1日付での段位取得を決め、史上最年少の11歳6カ月でプロ棋士になると発表した。

Photo_4 藤沢さんは故藤沢秀行名誉棋聖の孫で、父は藤沢一就八段。これまでの最年少記録は1968年の趙治勲(現25世本因坊)の11歳9カ月。女流棋士では、04年にプロになった謝依旻しぇい いみん(現女流3冠)の14歳4カ月だった。

里菜さんは1月9日から行われていた、院生ら9人による総当たりで争われる採用試験女流本選で、6勝2敗でトップの成績を残した。9日に開かれる日本棋院の常務理事会で承認され、正式決定となる。

{私は厚みより地の(実利を取る)タイプ。祖父の碁も、あまり並べたことがない」藤沢里菜さん。

|

« 死刑容認:過去最高の85.6% 殺人時効:54.9%が短い | トップページ | 第4回核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ、開幕 2/6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢秀行名誉棋聖の孫、里菜さんが最年少プロ棋士に:

« 死刑容認:過去最高の85.6% 殺人時効:54.9%が短い | トップページ | 第4回核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ、開幕 2/6 »