« キム・ヨナ、自序伝『7分のドラマ』で浅田真央を語る | トップページ | 携帯サイトでバンクーバー五輪の天気予報 日本気象協会 »

キリンとサントリー、統合交渉を断念 創業家の権利で溝

国内食品最大手のキリンホールディングスと同2位のサントリーホールディングスは8日、経営統合交渉を終了すると発表した。
同日午前、両社トップによる会談を開いて交渉の中止を決めた。

Photo_5統合比率や新会社におけるサントリーの創業家一族の権利などについて溝が埋まらず、基本方針が一致しないまま交渉を続けては既存事業への影響が大きいと判断。
業績が好調な両社の統合交渉は、内需が縮む中で「勝ち組」とされる企業でも大胆な戦略転換が必要であることを印象づけた。

国内の足場を固めてグローバルな競争に備える動きとして注目されていただけに、交渉断念はリーマン・ショック後の危機を経てもなお大企業同士の統合への壁が高いことを浮き彫りにした。

8日午前にキリンの加藤壹康社長とサントリーの佐治信忠社長が都内で会談し、統合に向けた最終条件を詰めたが折り合えなかった。

キリンは、「公開会社として経営していくことを前提に経営の独立性、透明性が十分に担保されるべきと考えていた。この点につきサントリーとの間で認識の相違があった」との声明を発表。(NIKKEI・他)参照

|

« キム・ヨナ、自序伝『7分のドラマ』で浅田真央を語る | トップページ | 携帯サイトでバンクーバー五輪の天気予報 日本気象協会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47513170

この記事へのトラックバック一覧です: キリンとサントリー、統合交渉を断念 創業家の権利で溝:

» 「キリン」と「サントリー」が破談? [いい加減社長の日記]
あららら、期待してたんだけど・・・ キリンホールディングスとサントリーホールディングスによる経営統合交渉は8日、統合比率や新会社の経営のあり方に対する考え方が一致せず、表面化から半年余りで断念に追い込まれました。 これまでの交渉で両社の統合比率についてキリ... [続きを読む]

受信: 2010/02/09 05:39

« キム・ヨナ、自序伝『7分のドラマ』で浅田真央を語る | トップページ | 携帯サイトでバンクーバー五輪の天気予報 日本気象協会 »