« チコ・アウトローズ、吉田えり獲得へ 米独立リーグ球団 | トップページ | キム・ヨナ、ダントツで金メダルを獲得したワケ »

2010/02/27

最古の木製壺形容器とJ字形勾玉を発見  西川津遺跡

島根県埋蔵文化財調査センター(松江市)は24日、松江市西川津町の西川津遺跡で、約2300年前の弥生時代前期の木製壺形容器と、約1800年前の弥生後期のJ字形のガラス製勾玉まがたまが見つかったと発表した。

Photo_3いずれもその当時では全国で初めての発見となり、同センターは貴重な史料とみている。壺は高さ17cm、幅19cm楕円形で、素材はケヤキかヤマグワ。弥生中期には壺形はあるが、前期では皿やコップなどが一般的という。

Photo_4半分程度くりぬかれた、作りかけの状態で溝に捨てられており、同遺跡で作られたとみられる。同センターは、「同遺跡が全国的にも優れた技術の拠点だった可能性もある」とみている。

ガラス製勾玉は長さ1.7cm、幅1.1cmで水色。これまでのガラス製はすべて丸みを帯びた形だった。

縄文時代に九州南部で石製のJ字形勾玉が見つかっており、この勾玉も九州から持ち込まれた可能性があるという。

いずれも昨年12月から今年2月、道路工事に伴う発掘調査で見つかった。


|

« チコ・アウトローズ、吉田えり獲得へ 米独立リーグ球団 | トップページ | キム・ヨナ、ダントツで金メダルを獲得したワケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最古の木製壺形容器とJ字形勾玉を発見  西川津遺跡:

« チコ・アウトローズ、吉田えり獲得へ 米独立リーグ球団 | トップページ | キム・ヨナ、ダントツで金メダルを獲得したワケ »