« 元朝青龍の特別功労金は1億2000万円 相撲協会 | トップページ | バンクーバー五輪選手の長者番付、1位はキム・ヨナとショーン・ホワイト »

米自治領テニアン市長、「普天間」受け入れに前向き姿勢表明

北マリアナ諸島テニアンのデラクルス市長は10日、共同通信の電話取材に対し、在日米軍再編に伴いテニアンに米軍部隊を受け入れたいとの意向を示した。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)についても移設先になりうるとし、受け入れに前向きな姿勢を表明した。

Photo日本政府の沖縄基地問題検討委員会は10日、在沖縄海兵隊が移転を予定している米領グアムを視察。

一部議員はテニアンに立ち寄り、北マリアナ諸島のフィティアル知事とも会合。米軍受け入れに積極的なテニアンが、普天間の移設先候補になるか、検討するとみられる。

テニアンは観光地サイパンの南5㌔にある島で、現行の再編計画では海兵隊の訓練地となる。デラクルス市長は取材に、「島の土地を米軍に貸しているが、有効利用されていない。受け入れ能力は十分にある」と説明。

軍部隊や施設が移転すれば、経済効果を期待できると語った。米軍側にも受け入れの意向を既に伝えたという。テニアンは太平洋戦争で激戦地となり、米軍による占領後は広島と長崎に原爆を投下した爆撃機が出撃した。(共同)参照

|

« 元朝青龍の特別功労金は1億2000万円 相撲協会 | トップページ | バンクーバー五輪選手の長者番付、1位はキム・ヨナとショーン・ホワイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47536307

この記事へのトラックバック一覧です: 米自治領テニアン市長、「普天間」受け入れに前向き姿勢表明:

« 元朝青龍の特別功労金は1億2000万円 相撲協会 | トップページ | バンクーバー五輪選手の長者番付、1位はキム・ヨナとショーン・ホワイト »