« オリックス小瀬浩之、飛び降り自殺か キャンプ地沖縄 | トップページ | 注目すべき11人に、浅田真央・キム・ヨナ タイム誌 »

メラミン再汚染問題、中国当局が自由な報道を禁止

有害化学物質メラミンを混入した粉ミルクの問題が再燃している中国で、政府が報道各社に対し同問題をめぐる独自報道を禁止したと、国際ジャーナリスト連盟が4日、明らかにした。

Photo_12国際ジャーナリスト連盟/IFJは地元筋の情報として、広東省の検閲官が報道各社に対し、「当局が公式に発表した情報のみ」を用いるよう命じたという。

IFJは今週出した報告書のなかで、中国が国内外の記者への弾圧を強めているとの警告を行っている。

08年に大きな社会問題となったメラミン汚染は、粉ミルクのたんぱく質含有量を高く見せかけるために食品企業らが粉ミルクにメラミンを添加したことが発端で、汚染は粉ミルクを原料とする食品などにも拡大し、乳幼児6人が死亡、中国全土で約30万人の健康被害が明らかになった。

だが、前月になって、事件後に廃棄されたはずのメラミンが粉ミルクに混入されて販売されているとの複数の報道があった。
国営メディアによると、警察当局3日、メラミン入り粉ミルクを製造販売したとして、渭南の食品会社の社長ら4人を逮捕している。(cAFP)AFP

|

« オリックス小瀬浩之、飛び降り自殺か キャンプ地沖縄 | トップページ | 注目すべき11人に、浅田真央・キム・ヨナ タイム誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47487343

この記事へのトラックバック一覧です: メラミン再汚染問題、中国当局が自由な報道を禁止:

« オリックス小瀬浩之、飛び降り自殺か キャンプ地沖縄 | トップページ | 注目すべき11人に、浅田真央・キム・ヨナ タイム誌 »