« バンクーバー五輪、テレビ各局の放送時間 | トップページ | バンクーバーで活躍しそうな日本人選手は?アンケート »

2万年前の旧石器人骨 石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡

沖縄・石垣島の白保竿根田原しらほさおねたばる洞穴遺跡で出土した人骨が、炭素年代測定によって約2万年前の旧石器人の骨であることが4日、わかった。放射性炭素を直接測定した人骨としては日本最古。

Photo_6日本人のルーツや成り立ちを探る重要な成果になる。
同遺跡は石垣市で建設が進む新石垣空港予定地内。現地のNPO法人沖縄鍾乳洞協会が、頭骨や脚の骨などを発見した。

同協会や沖縄県、琉球大、東京大、愛知教育大などの専門家でつくるチームが、人骨6点の放射性炭素年代を測定し、うち1点で約2万年前の値を得ることに成功した。
現在、日本列島で知られる1万数千年より前の旧石器時代人骨は10例ほど。ほとんどが石灰岩質で保存環境のよい南西諸島で見つかっている。

Photo_7ただ、多くは化石化が進んでいたり、骨そのものの分析ではなく、一緒に出土した炭化物の測定や形態的な特徴からの推測だった。これまで最古とされる那覇市の山下町第一洞穴の骨(3万2千年前)も木炭での測定のため、年代観を疑問視する意見もあった。

今回は少量の試料で測れる加速器質量分析法(AMS)を利用し、直接人骨そのものから年代を割り出し、南西諸島に確実に旧石器時代の人類が存在したことを裏付けた。
日本人の祖先は南方から南西諸島を北上してきたとの説があり、日本人の起源論に大きな影響を与えるとみられる。(NIKKEI・他)参照


|

« バンクーバー五輪、テレビ各局の放送時間 | トップページ | バンクーバーで活躍しそうな日本人選手は?アンケート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47484596

この記事へのトラックバック一覧です: 2万年前の旧石器人骨 石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡:

« バンクーバー五輪、テレビ各局の放送時間 | トップページ | バンクーバーで活躍しそうな日本人選手は?アンケート »