« 浅田真央が語る、「わたし、キム・ヨナ、そして五輪」下 | トップページ | 嵐・松本潤が追突事故!雪でスリップか  »

チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展@江戸東京博物館

アジアからヨーロッパに及ぶ大帝国を築いたモンゴル騎馬遊牧民族の美術品や資料を紹介するチンギス・ハーンとモンゴルの至宝展(産経新聞社など主催)の開会式と内覧会が1日、孔鉉佑・駐日中国臨時代理大使らが出席して、墨田区の江戸東京博物館で行われた。

Photo_2会場には、13世紀にチンギス・ハーンが使ったとされる鞍や、シカの角をひじ掛けに用いた清代の王座をはじめ、中国の内モンゴル博物院が所蔵する一級文物(国宝)など計159点を展示。

内モンゴル博物院の塔拉院長は、「中国文化に多様性を与える価値のある文物を集めた」とその歴史的、文化的価値を強調した。

この日、鑑賞した音声ガイドを務める歌手の吉川晃司さんは、「とても興奮している。馬具一つにも多彩な文化を感じることができる」と思いを寄せていた。

一般公開は1月2日から4月11日まで。問い合わせ 03・3626・9974

|

« 浅田真央が語る、「わたし、キム・ヨナ、そして五輪」下 | トップページ | 嵐・松本潤が追突事故!雪でスリップか  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47459301

この記事へのトラックバック一覧です: チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展@江戸東京博物館:

« 浅田真央が語る、「わたし、キム・ヨナ、そして五輪」下 | トップページ | 嵐・松本潤が追突事故!雪でスリップか  »