« 上村愛子、4大会連続入賞「満足だけど、ちょっと悔しい」 | トップページ | 五輪と国籍の関係は? 長洲未来&川口悠子他の場合 »

2010/02/14

絹代ぶんか館、下関にオープン  松坂慶子ら祝福

下関出身の昭和の大女優田中絹代(1909~77年)のゆかりの品々を集めた田中絹代ぶんか館が13日、下関市に開館した。96年に毎日映画コンクールで田中絹代賞を受賞した松坂慶子らがテープカットして開館を祝った。

Photo_3下関市が市文化財旧逓信省下関郵便局電話課庁舎(同市田中町)を改修して整備した。
67歳で亡くなるまで250本の映画に出演し、「私は映画と結婚しました」と語った絹代の女優としての足跡を知る貴重な映画資料や写真、多くの遺品などを展示する。

記念式典では、同市在住の直木賞作家で名誉館長の古川薫さんが、「絹代さんは日本映画史のヒロインであり、下関市民が誇る郷土の偉人」と述べ、松坂も、「遠い星のような存在だった田中先生が身近に感じられるようになった。またこちらに伺って、映画人としての気持ちを高めていきたい」と挨拶した。

■月曜休館。入館料は一般200円、小・中学生100円 0832507666


|

« 上村愛子、4大会連続入賞「満足だけど、ちょっと悔しい」 | トップページ | 五輪と国籍の関係は? 長洲未来&川口悠子他の場合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絹代ぶんか館、下関にオープン  松坂慶子ら祝福:

« 上村愛子、4大会連続入賞「満足だけど、ちょっと悔しい」 | トップページ | 五輪と国籍の関係は? 長洲未来&川口悠子他の場合 »