« 社民・福島瑞穂氏、外交機密費の透明性向上求める | トップページ | 藤沢秀行名誉棋聖の孫、里菜さんが最年少プロ棋士に »

死刑容認:過去最高の85.6% 殺人時効:54.9%が短い

内閣府は6日、基本的法制度に関する世論調査を発表。それによると、殺人など最高刑が死刑である重大犯罪の公訴時効について、54.9%が短いと回答。また死刑制度は85.6%が容認し、04年の前回調査から4.2ポイント増加した。

法務省は殺人罪などの時効廃止を盛り込んだ刑事訴訟法改正案の今国会提出を目指している。調査結果はこうした動きを後押しすることになりそうだ。
調査は昨年11月から12まで全国の成人男女3000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.8%だった。

殺人など重大犯罪は、犯罪が行われてから25年が経過すると犯人を処罰するための裁判ができなくなる。この時効制度が定める期間について、短すぎるが54.9%だったのに対し、長すぎるは10.0%にとどまった。
これくらいでよいの現状維持派は22.5%だった。(時事)参照

|

« 社民・福島瑞穂氏、外交機密費の透明性向上求める | トップページ | 藤沢秀行名誉棋聖の孫、里菜さんが最年少プロ棋士に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47493637

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑容認:過去最高の85.6% 殺人時効:54.9%が短い:

» 死刑容認85.6% 内閣府調査 [BORDERLINE]
死刑制度容認85・6% 「廃止」大幅に上回る 内閣府調査 :産経新聞 死刑について、「場合によってはやむを得ない」と容認する声が85%を超え、否定的な意見を大幅に上回っていることが6日、内閣府の発表した「基本的法制度に関する世論調査」で分かった。また、政府... [続きを読む]

受信: 2010/02/08 19:28

« 社民・福島瑞穂氏、外交機密費の透明性向上求める | トップページ | 藤沢秀行名誉棋聖の孫、里菜さんが最年少プロ棋士に »