« 西松事件で証拠隠し 金沢敬氏、自民会合で証言 | トップページ | 佐々木譲氏と白石一文氏に直木賞 芥川賞は該当なし »

平野博文官房長官、法制局長官の答弁禁止を表明

平野博文官房長官は14日午前の記者会見で、18日召集の通常国会で国会審議に出席し答弁させる政府特別補佐人の対象から内閣法制局長官を除外する方針を正式に表明した。

Photo_714日に開く衆参両院の議院運営委員会理事会に提示する。
憲法解釈は政府の判断として内閣がする。(各閣僚が)バラバラに違うことを言うことは基本的にない」と強調。

「法制局長官が『法律の番人』という認識は違う」とも語った。

与党3党は、小沢民主党幹事長の強い意向の下、官僚の答弁を原則禁止する国会法改正案を通常国会で成立させる方針。政府は、この法案の成立に先立って、法制局長官の国会答弁を封印する格好。

★小沢氏を除く民主党幹部の発言の実現性を疑うようになっている自分に気がついた。この表明は、小沢氏の意向を受けてのことだから大丈夫だろう。

★自民党政権下で、憲法解釈権を官僚である法制局長官が握っていることにずっと疑問を抱いていた。


|

« 西松事件で証拠隠し 金沢敬氏、自民会合で証言 | トップページ | 佐々木譲氏と白石一文氏に直木賞 芥川賞は該当なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47293732

この記事へのトラックバック一覧です: 平野博文官房長官、法制局長官の答弁禁止を表明 :

« 西松事件で証拠隠し 金沢敬氏、自民会合で証言 | トップページ | 佐々木譲氏と白石一文氏に直木賞 芥川賞は該当なし »