« 後鳥羽上皇の水無瀬離宮か 広瀬遺跡で大型建物跡 | トップページ | アボリジニ、ドムニナ・シャバリン組に抗議 文化盗んだ »

落語協会会長  鈴々舎馬風→柳家小三治へ

落語協会は21日に理事会を開き、鈴々舎馬風れいれいしゃ・ばふう会長70の退任と、柳家小三治やなぎや・こさんじ理事70の会長就任を内定した。3月の総会で正式に決まる。

Photo_4小三治は東京都新宿区出身。1959年に故柳家小さんに入門した。69年に真打ちに昇進し、十代目柳家小三治を襲名。円熟した古典落語で人気が高く、05年に紫綬褒章を受章した。
現在、ドキュメンタリー映画小三治がロングラン上映されている。

落語協会は46年に発足し、現在は落語家、講談師など約300人が所属する演芸関係では最大の協会。

|

« 後鳥羽上皇の水無瀬離宮か 広瀬遺跡で大型建物跡 | トップページ | アボリジニ、ドムニナ・シャバリン組に抗議 文化盗んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47367471

この記事へのトラックバック一覧です: 落語協会会長  鈴々舎馬風→柳家小三治へ:

« 後鳥羽上皇の水無瀬離宮か 広瀬遺跡で大型建物跡 | トップページ | アボリジニ、ドムニナ・シャバリン組に抗議 文化盗んだ »