« シー・シェパード船と第2昭南丸が衝突 政府、NZに抗議 | トップページ | 杏、戦国武将祭で司会 好きな武将は支倉常長 »

桜井茶臼山古墳 銅鏡81枚を副葬 国内最多 奈良

初期大和政権の大王墓とみられる奈良県桜井市の前方後円墳桜井茶臼山古墳(3世紀末~4世紀初め、全長200㍍)で、見つかった鏡片から少なくとも12種、81枚の銅鏡が副葬されていたことが分かり、橿原考古学研究所が7日、発表した。

平原1号墓(福岡県)の40枚を大幅に上回り、国内最多。

Photo_31枚は卑弥呼の使者が中国の魏から帰国した正始元年(240年)の年号が入った三角縁神獣鏡で、初期大和政権の中心部だった奈良県では初の出土。

権威の象徴とされる銅鏡を大量に持っていたことから大王の強大な政治力がうかがえ、邪馬台国から初期大和政権へと王権が移行する過程など、古代国家成立の謎を探る一級の史料となりそうだ。

Photo_409年に同研究所は、石室がある墳丘頂上部の土中から鏡片331点を発掘。大半が1~2cmの細片で、度重なる盗掘で割られたらしい。破片のうち180点はまだ分類できておらず、鏡の総数はさらに増える可能性があるという。

ほかに薄青色のガラス管玉(約8cm)などが多数出土。【共同・他】参照

■遺物は13日から橿原考古学研究所付属博物館(橿原市)で一般公開。

|

« シー・シェパード船と第2昭南丸が衝突 政府、NZに抗議 | トップページ | 杏、戦国武将祭で司会 好きな武将は支倉常長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47229101

この記事へのトラックバック一覧です: 桜井茶臼山古墳 銅鏡81枚を副葬 国内最多 奈良:

« シー・シェパード船と第2昭南丸が衝突 政府、NZに抗議 | トップページ | 杏、戦国武将祭で司会 好きな武将は支倉常長 »