« 出会い系サイト運営、星憲之や山本純ら11人逮捕 | トップページ | フィギュアは良い成績@オリンピック 飛騨高山で管粥神事 »

人類滅亡までの世界終末時計、残り6分に延びる

核戦争による地球滅亡までの残り時間を示す終末時計の針が14日、3年ぶりに1分戻され、残り6分になった。核の脅威の現状について話し合った物理学者らがニューヨークで発表した。

Photo_2 終末時計は、日本での原爆被害に衝撃を受けた物理学者らが考案。米科学誌ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツの表紙に1947年から掲載されてきた。

滅亡の日を深夜0時に見立て、核の脅威が高まると分針を進め、遠のけば戻した。

パキスタンの核物理学者ペルベズ・フドボイ氏らは、「オバマ米政権下で核軍縮の機運が高まり、地球温暖化で各国が協調する流れができ、終末が遠のいた」と説明した。
時刻の決定には小柴昌俊氏らノーベル賞受賞者19人も加わったという。

前回、針を動かしたのは07年。北朝鮮の核開発を受けて残り5分まで進んだ。
これまで終末に最も近づいたのは米ソ冷戦下の2分前。最も遠ざかったのは東西冷戦終結直後の17分前だった。


|

« 出会い系サイト運営、星憲之や山本純ら11人逮捕 | トップページ | フィギュアは良い成績@オリンピック 飛騨高山で管粥神事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47300827

この記事へのトラックバック一覧です: 人類滅亡までの世界終末時計、残り6分に延びる :

« 出会い系サイト運営、星憲之や山本純ら11人逮捕 | トップページ | フィギュアは良い成績@オリンピック 飛騨高山で管粥神事 »