« 北朝鮮がデノミ 、旧新100対1で経済混乱 タンス預金紙屑に | トップページ | リスボンでEU新条約発効式典、世界遺産・ベレムの塔で花火 »

民主、陳情判定の基準決定 幹事長らが精査し政府へ

民主党は2日、来年度予算編成を控え、地方自治体や業界団体などから寄せられた陳情について、可否を判断する初の判定会議を開いた。判断基準として、マニフェスト/政権公約に沿った要望を優先するなどの基本方針を決定した。

Photo_10今後、陳情を精査した上で、必要と判断した案件は党の参考意見として、予算案に盛り込むよう政府側に働きかける。小沢一郎幹事長は2日の判定会議で、陳情の判断基準として、マニフェスト優先のほか
①マニフェストに記載がなくても、党の方向性が一致する政策は拾い上げる
②利害のからむ団体の要望については、政治判断が必要

その上で「予算編成に向け、政府と十分に協議していきたい」と強調した。

民主党は地方自治体などの陳情について、窓口を党幹事長室と地方県連に一本化した。これまでに寄せられた陳情要望はすでに約300に達する。
中には政府の行政刷新会議の事業仕分けで見直し対象となった在日米軍駐留経費を負担する思いやり予算の復活なども含まれている。

判定会議では整備新幹線の未着工区間の建設促進や高速道路整備など政治判断が必要な施策について、小沢氏ら党幹部らが協議し、陳情の可否を決めることを申し合わせた。予算案に盛り込むかどうかの最終判断は政府側に委ねるが、予算編成に対する党側の影響力が高まる可能性もある。(毎日jp)参照

|

« 北朝鮮がデノミ 、旧新100対1で経済混乱 タンス預金紙屑に | トップページ | リスボンでEU新条約発効式典、世界遺産・ベレムの塔で花火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46921214

この記事へのトラックバック一覧です: 民主、陳情判定の基準決定 幹事長らが精査し政府へ:

« 北朝鮮がデノミ 、旧新100対1で経済混乱 タンス預金紙屑に | トップページ | リスボンでEU新条約発効式典、世界遺産・ベレムの塔で花火 »