« 松井秀喜、エンゼルスとの契約で合意 1年5億7千万円 | トップページ | アバクロンビー&フィッチ日本1号店、銀座にオープン »

普天間、結論先送り 政府が方針決定 米に協議再開要請へ

政府は15日午前、首相官邸で基本政策閣僚委員会を開き、沖縄の米軍普天間基地問題について、移設先の決定を来年に先送りする方針を確認した。
そのうえで、①現行計画を含め、移設候補地を検討する
②与党3党の実務者協議機関を設ける。

Photo政府は同日中にも米政府に正式に説明し、協議再開を要請する考えだが、米側が応じるかどうかは不透明。移設先の結論を出す期限は、決めなかった。

これに先立ち、鳩山由紀夫首相は15日朝、首相公邸前で記者団に、「政府の方針が決まり次第、すぐに交渉に入りたい」と発言。首相周辺は、「現行案を排除しないということで米側からの理解を得たい」と説明した。

政府方針はキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)への現行の移設計画を排除しないものの、その修正も視野に入れている。

今後、3党で検討を進める。平野博文官房長官は閣僚委で、「普天間の負担軽減の観点から、3党で移設先も含めて検討する」と表明した。(日経・他)参照

|

« 松井秀喜、エンゼルスとの契約で合意 1年5億7千万円 | トップページ | アバクロンビー&フィッチ日本1号店、銀座にオープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/47027446

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間、結論先送り 政府が方針決定 米に協議再開要請へ:

» 「パンドラの箱」は開けられた(普天間基地移設問題、無期限先送り) [現代徒然草]
目下のところ、世間では「今道長」こと小沢民主朝幹事長と羽毛田宮内庁長官との「場外戦」の方が盛り上がっていますが、事態の深刻さは、こち [続きを読む]

受信: 2009/12/15 22:38

« 松井秀喜、エンゼルスとの契約で合意 1年5億7千万円 | トップページ | アバクロンビー&フィッチ日本1号店、銀座にオープン »