« 金姸兒&クァク・ミンジョンがバンクーバーへ 韓国二人は初 | トップページ | 元宝塚花組のトップ、大浦みずきさん死去 »

中国、オバマ大統領の発言を検閲 上海での対話集会

中国国営新華社通信が16日に上海で開かれた対話集会でのオバマ米大統領の発言の中国語訳を掲載した際、検閲のない自由なインターネット接続への支持を強調した部分を削除していたことが17日分かった。

Photo_3オバマ氏の発言は中国政府によるネット規制を念頭に置いたものだが、その発言自体が中国の検閲に引っかかったようだ。米大統領が中国で対話集会を行ったのは今回が初めて。

質疑の中でハンツマン駐中国米大使は、大使館に寄せられたメッセージの中から、ツイッターと呼ばれるインターネットの投稿サイトに関し、「自由に使えるべきではないか」との質問を読み上げた。

Photo_2大統領は自らはツイッターは使ったことがないとしたうえで、「自由にインターネットを利用できることを強く支持してきた。自分は検閲なしの強い支持者である。

それぞれの国には異なる伝統があるが、米国では自由に制限なくインターネットに接続できる。このことは強さの源だ」と強調した。

しかし、新華社の翻訳ではこの部分が削除されたほか、ホワイトハウスが作成した対話集会の全文記録も本紙記者の電子メールで受信できなかった。

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、「ほとんどの中国人が(自由なインターネット接続に関する)大統領の発言を聞いたり、読んだりする機会はなかった」と中国側の対応を批判した。(NIKKEI 他)参照

     バラク・オバマ米大統領演説(東京演説)全文 

|

« 金姸兒&クァク・ミンジョンがバンクーバーへ 韓国二人は初 | トップページ | 元宝塚花組のトップ、大浦みずきさん死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46786329

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、オバマ大統領の発言を検閲 上海での対話集会:

» 中国は中国だったようで…(中国メディア、オバマ大統領の演説を検閲) [現代徒然草]
隠したいことを隠そうとすることが、帰って自体の悪化を招いてしまうということは、みなさんも多分、少なからず経験したのではないかと思いま [続きを読む]

受信: 2009/11/17 22:07

« 金姸兒&クァク・ミンジョンがバンクーバーへ 韓国二人は初 | トップページ | 元宝塚花組のトップ、大浦みずきさん死去 »