« タイガー・ウッズ、交通事故で負傷 米フロリダ州 | トップページ | 新型インフル患者、7月から累計1千万人超 なお高水準 »

藤原宮に大極殿囲む巨大回廊跡 奈良文化財研究所

奈良県橿原市の藤原宮(694~710年)跡で、天皇が政務を執り行った大極殿を囲む巨大な回廊跡の一部が見つかり、奈良文化財研究所が27日、発表した。

Photo_2回廊は東西115㍍、南北155㍍あったと推定され、同研究所は、「当時は天皇を中心とした律令国家づくりを目指した時期。天皇の権威を示すため荘厳な建物を造ったのだろう」。

回廊の東南隅に当たる部分で、東西約40㍍、南北約18㍍を確認した。

大極殿の南側にあり役人らが働いた朝堂院の回廊につながっており、二つの回廊の寸法や構造はほぼ一致。精密に設計されたことがうかがえる。
回廊は土を盛った基壇に大きな礎石を据え、その上に柱を立てた構造。

中央に塀のような仕切りがあり、片側が幅約3㍍の通路状だったとみられる。基壇の幅は8.4㍍もあり、外側は切り石で飾られていたらしい。

また回廊などの建設に合わせ、資材を運ぶ運河を何度も造り替えていたことも判明。宮造営の過程が明らかになった。(共同・他)参照

|

« タイガー・ウッズ、交通事故で負傷 米フロリダ州 | トップページ | 新型インフル患者、7月から累計1千万人超 なお高水準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46878393

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原宮に大極殿囲む巨大回廊跡 奈良文化財研究所:

« タイガー・ウッズ、交通事故で負傷 米フロリダ州 | トップページ | 新型インフル患者、7月から累計1千万人超 なお高水準 »