« 森繁久彌さん逝く 演劇界初の文化勲章受章者 | トップページ | 小沢氏、高野山は日本人の原点 松長有慶管長と会談 »

邪馬台国の最有力候補か 纒向遺跡 3世紀前半

邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向遺跡で、3世紀前半の大型建物遺構を確認したと、同市教育委員会が10日発表した。女王卑弥呼が活躍していた時期と重なり、当時の建物としては国内最大規模という。

Photo_8桜井市教委は、「遺跡中枢部の居館域で、中心的な人物がいた建物」と説明している。
邪馬台国の所在地は畿内か、九州かで長年議論されてきた。

卑弥呼の居館とみる専門家もおり、今回の確認は畿内説に弾みをつけそうだ。市教委によると、大型建物は柱穴などから東西12.4㍍、南北19.2㍍と推定される。高床式で、東西いずれかが正面とみられる。

1纒向遺跡で大型建物跡が見つかったのは初めてで、出土した土器などから3世紀初頭から半ば頃まで存在した可能性が強いという。これ迄の調査で、西隣には小規模な建物跡が3棟確認され、一部は柵で囲われていたことが分かっている。

纒向遺跡
桜井市の三輪山西側に広がる3~4世紀の大規模集落遺跡。東西約2㌔、南北約1.5㌔に、最古級の前方後円墳とされる纒向石塚古墳や、卑弥呼の墓との説がある箸墓はしはか古墳がある。(時事・他)参照

      纒向遺跡は卑弥呼の宮殿?邪馬台国論争が再燃

      箸墓古墳の築造、卑弥呼の死亡時期と合致

|

« 森繁久彌さん逝く 演劇界初の文化勲章受章者 | トップページ | 小沢氏、高野山は日本人の原点 松長有慶管長と会談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46731238

この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台国の最有力候補か 纒向遺跡 3世紀前半:

» 3世紀の大型建物跡が出土した奈良・纒向遺跡、今日・明日と現地説明会 [ボヘミアンな京都住まい]
これをもって邪馬台国か?!とするのはあまりに短絡的だと思うのですが、せっかく出土した貴重な大型建物跡なんですし、畿内の古代史の解明に役立つ科学的調査をしていただきたいと思います。なんでも邪馬台国に結び付けようとすれば、本来見えるはずのものも見えず、土器など出土品の鑑定に恣意的な思惑が入るなど事実を歪曲することにもつながりかねませんし。学者の間での畿内説vs九州説の対立に加えて地元の市長がやたら張り切ってる様子などを見ると、邪馬台国論争の中に心情的なものという以上にあまりにも“政治”が介入しすぎている... [続きを読む]

受信: 2009/11/15 03:00

« 森繁久彌さん逝く 演劇界初の文化勲章受章者 | トップページ | 小沢氏、高野山は日本人の原点 松長有慶管長と会談 »