« 亀田興毅が2階級制覇、内藤大助に判定勝ち WBCフライ級 | トップページ | 肝炎対策基本法 参院本会議で可決、成立 施行は来年1月 »

万葉列車を奈良で運行 柿本人麻呂や額田王ら車体に描く

万葉集をテーマに、柿本人麻呂額田王ら六人の万葉歌人の姿や大和三山など歌の舞台を描いたラッピング観光列車旅万葉(2両編成)の出発式が29日、奈良県のJR桜井駅であった。デザインは県立万葉文化館の中西進館長が監修した。

Photo30日から、通常ダイヤの中で運行し、あかね色の車体で観光客を歴史の舞台にいざなう。来年開かれる平城遷都1300年祭に合わせ、奈良県中南部の観光PRを目的に運行される。

今後4~6年間、引き続き旅万葉をテーマにラッピング列車を増やし、最終的には4種類の観光列車が沿線を彩る予定。

1JR桜井駅であった出発式で、荒井正吾知事は、「ひとときでも奈良の古里、万葉の味わいを楽しんで」と挨拶。谷奥昭弘桜井市長も、「これに乗って纒向まきむく遺跡に行ってほしい」と呼びかけた。

|

« 亀田興毅が2階級制覇、内藤大助に判定勝ち WBCフライ級 | トップページ | 肝炎対策基本法 参院本会議で可決、成立 施行は来年1月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46897341

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉列車を奈良で運行 柿本人麻呂や額田王ら車体に描く:

« 亀田興毅が2階級制覇、内藤大助に判定勝ち WBCフライ級 | トップページ | 肝炎対策基本法 参院本会議で可決、成立 施行は来年1月 »