« 津軽じょんがら節の監督、斎藤耕一さん死去 | トップページ | 山路ふみ子映画賞;松たか子&西川美和監督ら »

菅原道真公にまつわる裸坊祭  防府天満宮 山口

4000人を超える白装束姿の男たちが激しくもみ合う伝統の裸坊祭が、28日夜山口県防府市の防府天満宮で行われた。裸坊祭は、平安時代に、菅原道真が太宰府に流される途中、地元の人たちが送り迎えをしたことを今に伝える祭り。

Photo祭りでは、裸坊と呼ばれる白装束の男たち約4500人が、道真の御霊を乗せたとされる重さおよそ500㌔の御網代おあじろという乗り物を拝殿から運び出し、石段から滑り落とす。

御網代に触ると願いがかなうと伝えられることから、裸坊たちは掛け声「兄弟わっしょい」や怒号をあげながら御網代に向かって激しくもみ合い、祭りは最高潮に達した。

地元の防府市に住む36歳の女性は、「男たちの熱気が伝わってきました。昔からある祭りなので、男だったらぜひ参加して盛り上げたいと思いました」と話していた。

天満宮によると、およそ11万人の見物客が訪れたということだ。

裸坊はだかぼう祭 西日本有数の荒祭りとして知られ、千年以上続く御神幸祭。



                                             

|

« 津軽じょんがら節の監督、斎藤耕一さん死去 | トップページ | 山路ふみ子映画賞;松たか子&西川美和監督ら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46889349

この記事へのトラックバック一覧です: 菅原道真公にまつわる裸坊祭  防府天満宮 山口:

« 津軽じょんがら節の監督、斎藤耕一さん死去 | トップページ | 山路ふみ子映画賞;松たか子&西川美和監督ら »