« 金妍児総合優勝 フラット2位 村主4位 Sアメリカ女子 | トップページ | バラク・オバマ米大統領演説全文(英語) »

バラク・オバマ米大統領、東京演説全文 (1)

どうもありがとう。「(日本語で)アリガトウ」。どうもありがとう。おはよう。

アメリカ大統領として初のアジア歴訪で最初の訪問地、東京にいることを大変光栄に思う。長年の友人で駐日大使のジョン・ルースを含め日々2国間の関係強化に取り組んでいるあなた方とともにいられるのは喜ばしい。

日本の方々、それから見たところ、アメリカ人の姿も。

また日本に来られるなんて素晴らしいことだ。幼いころ、母親に連れられ鎌倉を訪れたことをご存じの方もいるだろう。何世紀も前に造られ平和と安定の象徴である大仏を見上げた。子供としては、抹茶アイスの方に気を取られていた。

昨晩の夕食会で、またアイスを食べながら少年のころの思い出を共有できたことを、鳩山首相に感謝したい。どうもありがとう。故郷を遠く離れ一人の米国人の若者に、日本の人々が見せてくれた思いやりや親切心を私は忘れたことがない。

この訪問では同じ気持ちを抱いている。

鳩山首相の丁重な歓迎、即位20年の天皇、皇后両陛下とお目にかかる特別な名誉、日本の人々のおもてなし。そして、ここに来たからには、日本の(福井県)小浜市民にご挨拶と感謝を述べないわけにはいかない。

日本で外遊を始めるのはたった一つの理由からだ。就任以降、私は米国のリーダーシップの一新と、互いの利益と互いの尊重に基づく国際社会に関与する新しい時代の探求に取り組んできた。アジア太平洋地域での取り組みは、米国と日本の不朽かつ活性化した同盟に根差していく割合が大きい。

就任直後から、我々は結び付きを強化しようと腐心してきた。ホワイトハウスに最初に招いた外国のリーダーは日本の首相だったし、ヒラリー・クリントン国務長官の最初の外遊先はアジアであり、日本から始まった。国務長官としては50年近くで初めてのことだ。

2カ月後に、日米安保条約は50周年を迎える。(当時の)アイゼンハワー大統領は、日本の首相と並んで立ち、米国と日本は「対等で相互理解」に基づく「不滅の協力関係」をつくりあげていくと語った。

それから半世紀、同盟は我々の安全保障と繁栄の礎であり続けた。同盟の力添えによって我々は世界の2経済大国となり、日本は北米以外で2番目の米国の貿易相手国となった。

日本が世界でより大きな役割を果たし、イラク復興や東アフリカ沖の海賊対策、アフガニスタンやパキスタンの人々への援助といった安定化への重要な貢献をする中で、同盟は発展した。最近でもすぐれた指導力で、アフガン、パキスタンでの国際的な開発取り組みに追加の貢献をしてくれた。

とりわけ、我々の同盟が続いてきたのは我々の共通の価値を反映しているからだ。自分たちの指導者を選び、自分たちの夢をかなえるための自由な人民の民主的な権利に対する信念、つまり、変革を約束した鳩山首相と私を選ぶことを可能にした信念のことだ。

そして首相と私は国民と同盟のために新しい世代のリーダーシップを提供することを約束した。だからこそ、歴史のこの重要な時に、私は首相と同盟関係を確認しただけでなく、同盟関係を深めることで合意した。

共同の作業グループを通じて、沖縄の米軍再編問題で日米両政府が合意した事項の迅速な実施に向け合意した。同盟が進化し、未来に順応していく中で、アイゼンハワー大統領がはるか前に述べた、対等で相互の信頼に基づく協力関係の精神を維持していく努力をわれわれは怠らない。

この地域への関与は日本で始まったが、日本で終わるわけではない。

米国という国は大西洋側の港や都市から始まったかもしれないが、何世代にもわたり太平洋国家でもあった。アジアと米国は太平洋によって分断されているわけではなく、太平洋で固く結び付いている。

米国の国造りを助けてきたアジアの移民や、この地域の安全と自由を守るために犠牲を払ってきた何世代もの米軍人によっても結び付いている。

繁栄の共有、何百万人もの雇用と家族の生活を支えている貿易と商業によって、また米国人の生活のあらゆる面を豊かにしてくれるアジア系米国人や、国々と同様に相互に絡み合ったすべての人々によって、固く結び付いている。

私自身の人生もその一部だ。私はハワイで生まれ、インドネシアで少年時代を過ごした米国人の大統領だ。(妹の)マヤはジャカルタで生まれ、中国系カナダ人と結婚した。母親は東南アジアの村で10年近くを過ごし、女性たちにミシンを買えるように支援したり、世界経済への足掛かりを与えられるような教育を行った。

従って、環太平洋地域が私の世界を見る目を養ったのだ。

そのころから、アジアほど迅速かつ劇的に変化した地域はない。統制経済は自由市場に取って代わられた。独裁政権は民主制に。生活水準は上がり、貧困は急減した。こうした変革を通じて、米国とアジア太平洋地域の盛衰は以前より互いに密接につながるようになった。

従って皆さんに知ってもらいたい。米国のすべての人に知ってもらいたい。この地域の未来はわれわれの利害に関係しているのだと。この地域で起こることは、米国での生活に直接影響を与えるのだから。

我々の通商行為は多くがここで行われ、物品の多くはここで買う。我々の生産品をより多くこの地域に輸出することによって米国での雇用創出につながるのだ。

この地域での核軍備競争の危険がより広い地域での安全保障を脅かし、この地域で偉大な信仰心を汚す過激派はアジアにも米国にも攻撃を計画している。

アジア太平洋の新興国や途上国の協力なしでエネルギー安全保障や地球温暖化問題の解決はあり得ない。

こうした共通課題に取り組むため、米国はこの地域の国々と従来の同盟強化と新しい協力関係の確立を目指す。そのために、日本、韓国、オーストラリア、タイ、フィリピンとの同盟関係に期待している。

過去の歴史的な文書ではなく、我々が共有する安全保障にとって根本的な、永続的な相互関与という同盟関係だ

|

« 金妍児総合優勝 フラット2位 村主4位 Sアメリカ女子 | トップページ | バラク・オバマ米大統領演説全文(英語) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46778271

この記事へのトラックバック一覧です: バラク・オバマ米大統領、東京演説全文 (1):

» 地球温暖化の原因と環境問題 [地球温暖化の原因と環境問題]
地球温暖化の原因と環境問題の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009/11/16 15:26

« 金妍児総合優勝 フラット2位 村主4位 Sアメリカ女子 | トップページ | バラク・オバマ米大統領演説全文(英語) »