« 爆弾テロで捜査 ロシア列車脱線、約30人死亡 | トップページ | 東山紀之&木村佳乃、結婚を前提として交際中 »

甲立古墳(仮称)で、現地説明会 女王の可能性も

広島県安芸高田市甲田町で見つかった4世紀後半とみられる前方後円墳甲立こうたち古墳(仮称)で28日、現地説明会があった。考古学ファンたち約270人が訪れた。

Photo発掘調査した広島大大学院の古瀬清秀教授(考古学)が解説。
「三次を含め、広島県西部を統一する最初の王の墓ではないか。女性の王だった可能性もある」と指摘した。

舟形埴輪片が出土したことから、「日本海や瀬戸内にも権勢が及んでいた」とも。

甲立古墳は全長75㍍で県内3番目の規模の前方後円墳。4世紀後半の古墳では、県西部最大。中世の城郭とみられていたが昨年、古墳と確認された。(中国新聞)参照

|

« 爆弾テロで捜査 ロシア列車脱線、約30人死亡 | トップページ | 東山紀之&木村佳乃、結婚を前提として交際中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46886943

この記事へのトラックバック一覧です: 甲立古墳(仮称)で、現地説明会 女王の可能性も:

« 爆弾テロで捜査 ロシア列車脱線、約30人死亡 | トップページ | 東山紀之&木村佳乃、結婚を前提として交際中 »