« 酒井法子被告に懲役1年6カ月、執行猶予3年 | トップページ | ベルリンの壁崩壊20年記念イベント ドイツ文化会館 »

ウォンビンら、韓流スター4人が日本に集結するワケ

12月、韓国を代表するスター4人が日本に集結する。イ・ビョンホンウォンビンチャン・ドンゴンソン・スンホンの4人だ。12月17日、東京ドームに3万5000人のファンを招き、大規模なイベントを行う予定だ。

4このイベントは、日本側の主催で行われる。韓国でもなかなか一堂に会すことのない4人を意気投合させた理由は何か。
関係者によると、4人が同じ舞台に立つことになった理由は、日本の韓流ブームに再び火を付けるためだという。

イベント関係者は5日、「韓流に再び火を付けるという趣旨で、4人が意気投合した」と語った。また、「収益が目的だったなら、今回のようなイベントは実現しなかっただろう。4人は日本の韓流を再び盛り上げるという趣旨の下で意気投合し、イベントに参加することになった」と説明した。

なお、「まだ細かい事項までは決まっていない。間もなく4人の所属事務所が話し合い、細部を決定する」と説明した。(朝鮮日報日本語版)参照

★ブームって起こそうとして起きるものか? 空回りしなければいいが。

|

« 酒井法子被告に懲役1年6カ月、執行猶予3年 | トップページ | ベルリンの壁崩壊20年記念イベント ドイツ文化会館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46719323

この記事へのトラックバック一覧です: ウォンビンら、韓流スター4人が日本に集結するワケ:

» 『母なる証明』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「母なる証明」□監督・脚本 ポン・ジュノ □脚本 パク・ウンキョ □キャスト キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン■鑑賞日 10月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ウォンビンが帰って来た。 おそらく彼をスクリーンで観たのは『マイ・ブラザー』以来だろうか・・・。 彼自身が選んだ復帰第一弾のこの作品、『ブラザー・フッド』もそうだったと記憶するが、 兄弟愛であ... [続きを読む]

受信: 2009/11/09 22:20

» 母なる証明 / Mother [我想一個人映画美的女人blog]
「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」 でも高い評価&注目を浴びるポン・ジュノ監督の最新作。 ある罪を問われた息子を守ろうとする母親を描いたミステリーサスペンス! ってことでかなり楽しみにしてました★ NY国際映画祭やカンヌ映画祭でも上映済み! 女子高生殺人事件の謎を解いていくミステリーものではあるけど、 映画の焦点、一番のみどころとなっているのは 一心に息子を思う母親の常軌を逸した心理と行動 5年振りの復帰となるウォンビン。 子供そのまんまのような、純粋さを持つ、知的障害の青年を見事に演じて... [続きを読む]

受信: 2009/11/10 01:12

» 母なる証明 [映画君の毎日]
<<ストーリー>>早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない... [続きを読む]

受信: 2009/11/10 04:09

» 母なる証明(2009)◆MOTHER [銅版画制作の日々]
永遠に失われることのない母と子の絆。すべての“謎”の先に“人間の真実”が明かされる。 母の子供への無償の愛 殺人事件の容疑者となった息子を救うため、真犯人を追う母親の姿を極限まで描く、ヒューマン・ミステリー 11月6日、京都シネマにて鑑賞。頭をどつかれたような凄い衝撃を受けた。「チェイサー」といい勝負じゃないかな・・・・?! 冒頭から驚き!というより不思議な光景なのだ。母(キム・ヘジャ)が晩秋のすすき野原で突然踊りだすシーンである。何で踊るの?一体これは何を意味するの?唐突なシーンには監督の... [続きを読む]

受信: 2009/11/10 11:45

» 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 [はらやんの映画徒然草]
ミステリーとして、そして人間ドラマとして第一級の作品として仕上がっています。 ミ [続きを読む]

受信: 2009/11/10 20:04

» 「母なる証明」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2009年・韓国/監督:ポン・ジュノ) 「殺人の追憶」、「グエムル-漢江の怪物-」と、1作ごとにレベルの高い傑作を生み出して来たポン・ジュノ監督が、またまた傑作を作り上げた。絶対... [続きを読む]

受信: 2009/11/11 09:55

« 酒井法子被告に懲役1年6カ月、執行猶予3年 | トップページ | ベルリンの壁崩壊20年記念イベント ドイツ文化会館 »