« 丘灯至夫さん死去 舟木一夫の高校三年生の作詞家 | トップページ | 高橋大輔、織田信成討伐だ GPファイナルの戦い »

2009/11/25

2012年12月21日、世界が破滅する 古代マヤ暦

古代マヤ暦の2012年終末説。はたしてマヤ人の予言通り、地上の至る所で未曽有の地殻変動が起き始め.る。大地震、大火災、火山大爆発、大津波、高層ビル群の瓦解、ヒビ割れる道路……。

2012地球の断末魔から、自分だけは逃れようと必死に逃げ惑う老若男女。最新CG技術による迫力満点の映像だ。

紀元前1万年デイ・アフター・トゥモローなど、大掛かりな映画を手がけるドイツ人監督ローランド・エメリッヒのディザスター・ムービーである。

20121この映画、内容的に深みはないが、カタストロフィからくる爽快感を味わえる。殊に、打ち続く大災害の中で無数の人々が亡くなっているのに、ほとんど血が流れないのは印象的。

私はいわゆる娯楽超大作を楽しめない。例えば、一昔前の作品だが日米ともに莫大な興行収入を得た、同じエメリッヒ監督のインデペンデンス・デイなど、どこが面白いのか、さっぱり分からなかった。

一方、2012は、珍しく見て損したという気持ちは起きなかった。

       ゼロの焦点 戦争に翻弄された女たち

|

« 丘灯至夫さん死去 舟木一夫の高校三年生の作詞家 | トップページ | 高橋大輔、織田信成討伐だ GPファイナルの戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年12月21日、世界が破滅する 古代マヤ暦:

» 2012 [Akira's VOICE]
みごとな超B級大作。   [続きを読む]

受信: 2009/11/25 18:23

» 2012 [そーれりぽーと]
派手な映画を撮らせたら、つか、派手なだけな映画を撮らせたら右に出る者は居ない、派手専監督ローランド・エメリッヒが、人類の終末を描く『2012』を観てきました。 ★★★★ つい先日の『ノウイング』も同じく人類の終末を描いた映画でムカつく内容だったけど、今回は好印象。 VFX映像を使ったディザスタームービーの先駆者だけあって、観客にウケる演出は心得てはる。 未曾有を超えた大災害、つか災害レベルじゃない映像はどれも怖すぎて必見! ローランド・エメリッヒと言えば派手なだけで中身がイマイチな映画も多いけど... [続きを読む]

受信: 2009/11/25 19:54

» 2012 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』が好きですだから似た傾向であろうコチラにもちょっと期待していました〜【story】イエローストーン国立公園に子どもたちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎の男から“地球の滅亡”が間近に迫っていること、更に、その事実を世間に隠している各国政府は、密かに巨大船を製造し、限られた人間だけを脱出させる準備に着手していると知らされる。ほどなくしてロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生し、それは世界中へと... [続きを読む]

受信: 2009/11/25 21:01

» 2012 地球ボコボコ [労組書記長社労士のブログ]
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コラーゲン濃縮なチャーシュウ、澄んだスープに香り濃厚ながらさっぱり豚骨味、それらが控えめながら絶妙なバランスを保ち一つのラーメンにちゃんとなっている。 美味しくて気に入ったが、さらに気に入ったのが、トッピング自由だよって各テーブルに置いてあ... [続きを読む]

受信: 2009/11/25 23:34

» 映画『2012』 [健康への長い道]
どういうわけか、ディザスター(大災害)映画がわりに好きです。無論、本物の災害は歓迎しませんが・・・。単純に映像に興味があります。 『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督最新作『2012』を梅田ブルク7にて。 Sto..... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 00:12

» 2012 [映画君の毎日]
<<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジャク... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 00:49

» ★2012(2009)★ [CinemaCollection]
20122012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。メディア映画上映時間158分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/11/21ジャンルパニック/サスペンス映倫G【解説】「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年...... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 00:55

» 『2012』 [だらだら無気力ブログ]
『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の暦の終末説を題材に 世界中で発生する天変地異に人類がなすすべもなく襲..... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 02:01

» 「2012」みた。 [たいむのひとりごと]
これぞ、九死に一生 スペシャル決定版 これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 18:16

» 2012 [小部屋日記]
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は変わるー。 「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督が手がけるディザスター・ムービー。 古代マヤ文明の暦が終わる日、2012年12月23日に人類は滅亡してしまうのか? スペクタ... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 20:57

» ★「2012」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 23:43

» 2012/ 2012 [我想一個人映画美的女人blog]
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係ナイけど似たようなサディスターものとしては ミミ・レダーの「ディープ・インパクト」ダメだったから期待もしてなかったけど 今回もちょっとヤな予感したのよね、、、 随分前から宣伝してる、エメリッヒの新作の割に 渋谷ではわ... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 23:59

» 「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[2012] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月10日1:09 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。古代マヤ文明の予言~“2012年世界終末説”~を題材に、お約束の“超トンでも映像”が、スクリーン越しに我々を襲ってきます。しっかし、このカントク一体何回地球(人類)を滅亡の危機に直面させれば気が済むのでしょうか? ... [続きを読む]

受信: 2009/11/27 00:44

» 2012 [なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0]
 今日は今年イチオシの娯楽超大作「2012」を観てきやしたよ〜!!  売れない作家でのジョン・キューザックは別れた奥さんのところにいる二人の子供とイエローストーン公園にキャンプにいくことになっています。  現地に着いてみると国立公園なのに一帯が軍による立ち入り禁止になっており、こっそり入るとなぜか湖が干上がっているのでした。   その頃、政府は巨大な太陽フレアの影響で人類にとって致命的なほどの大規模な災害が起こるという結果を受け、世界の首脳たちと近く起こる「世界の終末」の対策に追われているので... [続きを読む]

受信: 2009/11/27 10:12

» 映画2012 もう一度観たい映画に1票! [ぱるぷんて海の家]
ポップコーンメーカー すっげぇーど迫力の映画でした2012。 ド迫力の映像とストーリにくぎ付けでした。 もうどれくらいすっごかったかと云うと 映画のお供は毎回バケツのポップコーンなのです。 そのポップコーンを頬ばりながら映画を観て 終わる頃にはポ....... [続きを読む]

受信: 2009/11/27 23:51

» 2012 [りらの感想日記♪]
【2012】 ★★★★ 映画(34)ストーリー ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソン(ジョン・キューザック)は、別れ [続きを読む]

受信: 2009/11/28 18:34

» 映画:2012 [よしなしごと]
 前回が超単館系のマイナー映画だったので今回は超有名どころで。ローランド・エメリッヒ監督のパニックムービー2012を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009/11/29 23:12

» [映画『2012』を観た(幼女万歳!)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、「悪いエメリッヒ」であった。  ・・・では、「いいエメリッヒ」とはいかなるものか?  彼は、大規模破壊作品専属の監督である。  ・・・これは、松竹専属女優や宇宙企画専属女優、ソフト・オン・デマンド専属女優と同義である^^;    ◇ ... [続きを読む]

受信: 2009/11/30 22:37

» 映画「2012」@109シネマズ川崎 [masalaの辛口映画館]
 シアター6にて鑑賞、客入りは7〜8割くらい。上映寸前に入ってきたアジア系外国人3人組が映画冒頭に大声で喋ってうるさい。  2012オリジナル・サウンドトラック 映画の話 2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたち...... [続きを読む]

受信: 2009/11/30 22:54

» 映画「2012」 [FREE TIME]
映画「2012」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2009/12/07 09:58

» 映画『2012』観賞★超大盛りディザスターに満腹!! [コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
 ローランド・エメリッヒ監督の作品『2012』を観賞しました。  上映時間158分に及ぶド迫力の映像に、もうヘトヘト・・・。  この映画で、ストレスを発散できたような、ストレスが溜まったような・・・。  とにかく、これぞ”エメリッヒ”でありまして、真面目に物語を見る類の映画と言うよりは、ひたすらVFXを駆使した大法螺を楽しむべき映画。  そもそも、ハリウッド版『GODZILLA』のエメリッヒ監督に細かいことを求めても仕方ないので、「科学的にありえない」なんて野暮な突っ込みを入れずに、スクリー... [続きを読む]

受信: 2009/12/09 10:41

» 「2012」鑑賞 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
ローランド・エメリッヒ監督だけに破壊シーンには力が入ってました!!ただし相手が自然という事で、人類には対抗出来るすべもなく、そのあたりの丁々発止が成立しなかった分、「インデペンデンス・デイ」に面白さは及ばなかったですね。破壊の連続のCGも、そろそろ飽き...... [続きを読む]

受信: 2009/12/10 22:59

» 2012 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:一発で気分転換できるもの 参加中 時々何も考えないでいい映画を観たくなりますが、 そういう映画って気分転換になるからなんですよね。 この映画はどうでしょう? 話題になりましたねこの映画。 映像が凄いとか。 2009年。 太陽の活動が活発化し... [続きを読む]

受信: 2010/02/26 12:57

» 【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は...... [続きを読む]

受信: 2010/12/02 04:35

« 丘灯至夫さん死去 舟木一夫の高校三年生の作詞家 | トップページ | 高橋大輔、織田信成討伐だ GPファイナルの戦い »