« 桜井茶臼山古墳を再発掘、石室や木棺に大量の水銀朱 | トップページ | 坂井真紀、鈴木心氏とアラフォー婚 写真家 »

今や、最もやっかいな国は中国でなく日本 米国務省高官

22日付の米紙ワシントン・ポストは、鳩山政権が米海兵隊普天間飛行場の移設計画見直しなど日米同盟の再定義に動いていることに、米政府が神経をとがらせている、とする記事を1面で掲載。

Photo_5国務省高官の、「今や、最もやっかいな国は中国でなく日本だ」という発言を伝えた。
記事は、オバマ政権がパキスタンやアフガニスタン、イラクなど多くの課題をかかえており、「アジアの最も緊密な同盟国とのトラブルは、事態をさらに複雑にする」という米側の事情を紹介した。

鳩山政権については、「新しい与党(民主党)は経験不足なのに、これまで舞台裏で国を運営してきた官僚でなく政治家主導でやろうとしている」とする同高官の分析を示した。
さらに、民主党の政治家が、「米国は、今や我々が与党であることを認識すべきだ」などと、米国に公然と反論するようになった風潮も伝えた。

Photo_6 また、元国家安全保障会議(NSC)不拡散戦略部長のキャロリン・レディは、鳩山政権の外交・安保政策は、「東アジアの安全保障の礎石である日米同盟を蝕む恐れがある」と警告。

同氏はまた、米軍の抑止力低下につながる普天間飛行場の国外移設を鳩山由紀夫首相はあきらめていないと指摘した。

首相が東アジア共同体構想と「戯れている」ことや、岡田克也外相が核先制不使用に関する対米協議に言及したことにも触れ、こうした姿勢では中国の軍拡や北朝鮮の核問題には対応できないなどと批判した。

★アメリカにすれば、従順だった小泉ポチ政権が懐かしいことだろう。

|

« 桜井茶臼山古墳を再発掘、石室や木棺に大量の水銀朱 | トップページ | 坂井真紀、鈴木心氏とアラフォー婚 写真家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46562070

この記事へのトラックバック一覧です: 今や、最もやっかいな国は中国でなく日本 米国務省高官:

« 桜井茶臼山古墳を再発掘、石室や木棺に大量の水銀朱 | トップページ | 坂井真紀、鈴木心氏とアラフォー婚 写真家 »