« ノーベル文学賞、ドイツの女性作家ヘルタ・ミュラーに | トップページ | 北朝鮮から風が吹く時に、中朝国境でサリン検出 2回 »

弁護士初?加藤泰嗣氏、覚醒剤所持・使用容疑で逮捕

札幌弁護士会の加藤泰嗣容疑者51が、覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕された事件で、加藤は9日、覚醒剤を使用した疑いでも逮捕された。

Photo警察によると、加藤は先月上旬、札幌市内のホテルなどで、覚醒剤を使用した疑いがもたれていて、「自分で使用したことに間違いありません」と、容疑を認めている。

また、中央区の自宅に覚醒剤およそ0.9gを所持していた罪でも、札幌地裁に起訴された。動機について、「覚醒剤を使うと気持ちがいいと言われ興味を持った」などと話しているということだ。

これまでの調べで、加藤が偽名を使って、携帯電話の掲示板で知り合った女に、覚醒剤を渡して一緒に使っていた疑いも浮上している。
一方、警察は、加藤に覚醒剤を売り渡した疑いで、住所不定の男を逮捕し覚醒剤の入手ルートの解明を急いでいる。[札幌テレビ]参照


|

« ノーベル文学賞、ドイツの女性作家ヘルタ・ミュラーに | トップページ | 北朝鮮から風が吹く時に、中朝国境でサリン検出 2回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46436562

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士初?加藤泰嗣氏、覚醒剤所持・使用容疑で逮捕:

« ノーベル文学賞、ドイツの女性作家ヘルタ・ミュラーに | トップページ | 北朝鮮から風が吹く時に、中朝国境でサリン検出 2回 »