« マイケルのTHIS IS IT、ポール・アンカとの共作or盗作 | トップページ | 一遍上人像がお戻り 京都・長楽寺 収蔵庫建替完了 »

ミシュランガイド崇拝は、味覚の植民地意識か

仏タイヤメーカーのミシュランは13日、レストランの格付け本ミシュランガイド京都・大阪版2010の内容を発表した。最高級の三つ星評価の店は7軒。

一つ星まで合わせると計150軒で、関西の多様な食文化を反映して、おでんや串カツなどの店が含まれている。三つ星は京都では、菊乃井本店、吉兆嵐山本店、千花、つる家、瓢亭、未在の6軒。大阪は、ハジメの1軒。

ミシュランガイドはドライブに利用するための小冊子として1900年に発刊。昨年全世界で約120万部が発売された。 書店での発売は16日。

|

« マイケルのTHIS IS IT、ポール・アンカとの共作or盗作 | トップページ | 一遍上人像がお戻り 京都・長楽寺 収蔵庫建替完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46475564

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランガイド崇拝は、味覚の植民地意識か:

« マイケルのTHIS IS IT、ポール・アンカとの共作or盗作 | トップページ | 一遍上人像がお戻り 京都・長楽寺 収蔵庫建替完了 »