« 酒井法子被告、離婚して更生 介護を学びたい | トップページ | 安藤美姫、セクシー衣装で華麗に  ロシア杯エキシビション »

円明園の文化財など、略奪流出の実態を調査へ 中国

中国が、混乱期に海外に流出した文化財の本格調査に乗り出すことになった。19日付の中国紙新京報などによると、北京市郊外にある清朝の庭園円明園が19世紀に英仏連合軍によって略奪された文化財などの調査を来月始める。

Photo_6対象地域は、米国、欧州、日本。中国では「流出した貴重な文化財を政府はなぜ取り戻さないのか」との批判が強く、愛国心をにじませた「民」の声に「官」が動かされた形だ。
中国が流出文化財の調査を海外で行うのは初めて。

円明園は清代の18世紀に造られた離宮で、アロー戦争(第二次アヘン戦争)中の1860年に北京に進駐した英仏連合軍によって略奪され流出するなどした文化財は150万点と推計されている。しかし目録もなく実態は不明だ。

Photo_7調査するのは、円明園や清華大学の専門家チームで、年内に米国での作業を終え、来年に日本、欧州で実態把握を始める。
円明園の文化財をめぐっては今春、十二支動物像の一部がパリで競売に出され、騒ぎとなった。

調査チームは、流出文化財の所有者を探し出し、競売にかけないよう説得するほか、返還交渉の準備をするとみられる。

■円明園 1709年清朝4代康熙帝が、皇子の胤禛に下賜した庭園が起源。
Photo_8 胤禛いんしん雍正帝に即位。1725年以降建物が増築され、庭園も拡張された。
乾隆帝の時代には円明園の東に長春園、南東に綺春園(後の万春園)が設けられた。
この円明園、長春園、綺春園を総称して広義の円明園となる。


|

« 酒井法子被告、離婚して更生 介護を学びたい | トップページ | 安藤美姫、セクシー衣装で華麗に  ロシア杯エキシビション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46589672

この記事へのトラックバック一覧です: 円明園の文化財など、略奪流出の実態を調査へ 中国:

« 酒井法子被告、離婚して更生 介護を学びたい | トップページ | 安藤美姫、セクシー衣装で華麗に  ロシア杯エキシビション »