« 日本、国連に核廃絶決議案 米国が共同提案国に | トップページ | 千早茜さん、「魚神」で泉鏡花文学賞受賞 »

ナチス没収のピサロ「マラケ河岸と修道院」競売に

オークション大手クリスティーズは15日、第2次世界大戦前夜にナチス・ドイツに没収され、70年間にわたって行方不明になっていたカミーユ・ピサロの絵画マラケ河岸と修道院(1903年)を11月3日にNYで競売にかけると発表した。

Photo_8ピサロは19世紀のフランスで活躍した印象派の画家。
競売に出される作品は、ウィーンのフィッシャー家が所蔵していたが、同家が1938年のナチス・ドイツによるオーストリア併合の前夜に財産を残して逃れ、ナチスに没収されたという。

所在を捜し求めていたフィッシャー家が08年夏に、スイス・チューリヒの金庫で眠っているのを発見したが、取り戻すために巨額の弁護士費用を使ったため、売り渡すことにしたという。

当初は6月にロンドンのクリスティーズで競売にかけられる予定だったが、遺族間の相続争いで、直前になって中止になっていた。ニューヨークの競売では、約250万㌦(2億2500万円)での落札を見込んでいる。

|

« 日本、国連に核廃絶決議案 米国が共同提案国に | トップページ | 千早茜さん、「魚神」で泉鏡花文学賞受賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46503674

この記事へのトラックバック一覧です: ナチス没収のピサロ「マラケ河岸と修道院」競売に:

« 日本、国連に核廃絶決議案 米国が共同提案国に | トップページ | 千早茜さん、「魚神」で泉鏡花文学賞受賞 »