« 爆笑問題の田中裕二、夏美夫人と離婚 | トップページ | 劇作家・野田秀樹に名誉大英勲章 演劇で日英交流に貢献 »

2009/10/03

東院堂の近くから創建時の基壇発見 薬師寺

奈良市の薬師寺で、江戸時代に移築された東院堂(国宝)のすぐ近くから、創建当初の奈良時代の基壇が見つかり2日、奈良文化財研究所が発表した。東院堂は伽藍中枢の周辺部に配置された別院の主要建物。

Photo_4文化財研究所は、「古代寺院で別院の中心的な建物が判明した例はほとんどなく、別院の 構造を解明する上で重要な手掛かり」としている。
調査では現在の建物の北東側を逆L字形に発掘、基壇の西端と南端をそれぞれ約1.5㍍分、発見した。

いずれも外側を飾る凝灰岩の地覆石が残っており、突き固めた土の層を重ねていく版築の手法で造られていた。

Photo_5地面を掘り起こしてから基壇を積み上げる掘り込み地業で築くなど非常に丁寧な工法を用いていることも合わせて、8世紀前半の創建当初のものと判断。
範囲は東西28.1㍍、南北15.4㍍と推定される。

Photo_63カ所で見つかった礎石の抜き取り穴の並び方から、建物は南向きだったことも判明。
1285年に南向きで再建された建物を、1733年に西向きに移築したとの文献の記述が裏付けられた。【共同・他】参照

◆東院堂には聖観世音菩薩立像が安置されている。

        いにしえに迷う① 奈良とローマ

|

« 爆笑問題の田中裕二、夏美夫人と離婚 | トップページ | 劇作家・野田秀樹に名誉大英勲章 演劇で日英交流に貢献 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東院堂の近くから創建時の基壇発見 薬師寺:

« 爆笑問題の田中裕二、夏美夫人と離婚 | トップページ | 劇作家・野田秀樹に名誉大英勲章 演劇で日英交流に貢献 »