« 矢切の渡し元船頭、杉浦正雄さん死去 | トップページ | 西川善文社長会見の一問一答、郵政見直し方針と隔たり »

大極殿の荘厳な姿、忠実に再現  平城宮跡

来年の平城遷都1300年に合わせ、文化庁が平城宮跡(奈良市)で復元中の第一次大極殿正殿の覆い屋がほぼ取り外され、金色の鴟尾を載せた入り母屋造りが19日、澄み渡る秋空の下で荘厳な姿を見せた。

Photo_6大極殿は天皇の即位や元日祝賀などの国家儀式のほか、外国使節の歓待に使った平城宮の中心的な施設。

復元中の大極殿は東西44㍍、南北22㍍、高さ27㍍で、使った瓦は約9万3千枚。柱や梁に国産ヒノキを用い、土壁仕上げにするなど、古代の工法で忠実に再現。土台にあたる基壇は鉄筋コンクリート造りで、免震装置を施した。

Photo_5内壁には日本画の大家、上村淳之さんが東西南北の方位を守った四神などの壁画を作成中。来年4月の公開時には、政務の際に天皇が座った高御座の模型も展示される

|

« 矢切の渡し元船頭、杉浦正雄さん死去 | トップページ | 西川善文社長会見の一問一答、郵政見直し方針と隔たり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46536625

この記事へのトラックバック一覧です: 大極殿の荘厳な姿、忠実に再現  平城宮跡:

« 矢切の渡し元船頭、杉浦正雄さん死去 | トップページ | 西川善文社長会見の一問一答、郵政見直し方針と隔たり »