« 明治大、東京国際マンガ図書館設置へ 世界最大級 | トップページ | 今や、最もやっかいな国は中国でなく日本 米国務省高官 »

桜井茶臼山古墳を再発掘、石室や木棺に大量の水銀朱

初期ヤマト政権の大王級の墓との説が強い桜井市の国史跡、桜井茶臼山古墳(3世紀末~4世紀前半)を60年ぶりに再発掘した奈良県立橿原考古学研究所が22日、朱一色に彩られた竪穴式石室や巨大な木棺を公開した。

Photo_4貴重な顔料だった水銀朱(辰砂)を大量に使っており、同研究所は、「特別な古墳だったことがうかがえる」と指摘。
専門家からは当時の埋葬方法や儀礼などの実態に迫る第一級の史料と評価する声が出ている。

石室の内寸は南北6.75㍍、東西1.27㍍、高さ最大1.71㍍。岩盤を掘りくぼめた竪穴の中に、数千枚の板状の石材を整然と積み上げて床面や壁を築き、巨大な天井石を12枚載せてあった。

石材は当時貴重だった水銀朱が全面に塗られ、鮮やかな色彩が残る。

木棺は、コウヤマキの丸太を半分に割って内部をくりぬいた割竹形で、底部が長さ4.89㍍分残っていた。復元すると、長さ6.7㍍、直径1.1㍍。魔除けのために、朱を全面に塗っていたとみられる。(NIKKEI・他)参照

|

« 明治大、東京国際マンガ図書館設置へ 世界最大級 | トップページ | 今や、最もやっかいな国は中国でなく日本 米国務省高官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46560542

この記事へのトラックバック一覧です: 桜井茶臼山古墳を再発掘、石室や木棺に大量の水銀朱:

« 明治大、東京国際マンガ図書館設置へ 世界最大級 | トップページ | 今や、最もやっかいな国は中国でなく日本 米国務省高官 »