« 赤松農相、築地市場移転は柔軟に検討 都に資料を要求 | トップページ | 日本航空の経営再建計画に、前原誠司国交相が不満 »

月面に水が存在か、今も太陽側で生成?3探査機観測

月の表面は従来考えられていたように乾燥しておらず、水分が広く存在している証拠を観測したと、インドの無人月探査機チャンドラヤーン1号など三つの探査機の研究チームが24日の米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。

Photo_5水が存在すれば、将来の有人月探査で飲料水としたり、水を分解して得られる酸素や水素を燃料などに利用できる可能性もあり、月探査計画に影響を与えそうだ。

観測したのはチャンドラヤーンのほか、米航空宇宙局/NASAなどの探査機カッシーニと同ディープ・インパクト。

3チームは、月表面が反射した太陽光の波長により土壌に含まれる成分を解析したところ、月表面の大部分から、水や、水素原子と酸素原子が1個ずつ結合した分子の水酸基の波長をとらえた。チャンドラヤーンのデータでは、水や水酸基は極域に近づくほど豊富に存在していた。

米チームによると、水や水酸基は地表か、地表から数cmの深さにある岩石やほこりにくっついた形で存在。太陽から太陽風として飛来する水素イオンが、土壌の鉱物に含まれている酸素とぶつかり水ができたとみられ、水は現在も表面で形成され続けているのではないかとみている。

|

« 赤松農相、築地市場移転は柔軟に検討 都に資料を要求 | トップページ | 日本航空の経営再建計画に、前原誠司国交相が不満 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46303859

この記事へのトラックバック一覧です: 月面に水が存在か、今も太陽側で生成?3探査機観測:

« 赤松農相、築地市場移転は柔軟に検討 都に資料を要求 | トップページ | 日本航空の経営再建計画に、前原誠司国交相が不満 »