« 政府、夫婦別姓導入へ 来年にも民法改正案 | トップページ | G20サミット定例化、中国が議長国に意欲 駆け引き始まる »

無形文化財の神事で火災、霜神社火焚殿を全焼 阿蘇

26日午後0時15分ごろ、熊本県阿蘇市役犬原やくいんばる霜神社で、火を燃やして五穀豊穣を祈る火焚き神事をしていた火焚殿から出火、木造平屋約60㎡を全焼した。けが人はなかった。

Photo_3阿蘇署などによると、火を監視していた地元の住民2人は、「気付いたら天井付近が燃えていた」と話している。
熊本県では24日以降、全域に乾燥注意報が出ていた。

火焚き神事は毎年8月19日から59日間、火焚殿内で地元住民が火を燃やし続ける。この神事を含め、阿蘇神社などを中心に四季を通じて行われる農耕祭事は阿蘇の農耕祭事として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

火焚殿は約60年前に建てられ、文化財の指定などは受けていないという。

|

« 政府、夫婦別姓導入へ 来年にも民法改正案 | トップページ | G20サミット定例化、中国が議長国に意欲 駆け引き始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46324598

この記事へのトラックバック一覧です: 無形文化財の神事で火災、霜神社火焚殿を全焼 阿蘇:

« 政府、夫婦別姓導入へ 来年にも民法改正案 | トップページ | G20サミット定例化、中国が議長国に意欲 駆け引き始まる »